北九州のニュース いいっちゃclub北九州

スペースワールドの「月の石」いまも北九州で見られますよ

北九州市のスペースワールドで展示されていた「月の石」は、2017年12月の閉園に伴い、米航空宇宙局(NASA)に返却されていました。

 「月の石」は、国内では国立科学博物館(東京・上野)と本市の2ヶ所でしか展示されていない希少なもので、北九州市民をはじめ多くの観光客や修学旅行客からもスペースワールドの閉園とともに惜しまれていました。 

 本市は、子どもたちの宇宙への夢やあこがれのシンボルとして、「月の石」を再び展示できるようNASAと協議を続けてきたところ、今回、スペースワールドに展示されていた「月の石」(1969年にアポロ12号が採取した実物)を再び展示できることとなりました。

 ぜひ、この機会にご来場ください。

展示場所

いのちのたび博物館 1階 地球誕生コーナー

 (八幡東区東田二丁目4番1号)

関連リンク

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部青少年課

関連記事

  1. 門司区の白野江植物公園ではの冬牡丹やロウバイ、サザンカが見頃を迎…
  2. わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ 新発売
  3. 高齢者のインフルエンザワクチン接種の実施について  北九州
  4. お問い合わせ
  5. 北九州市では、市民による市内観光、いわゆるマイクロツーリズムを促…
  6. 銀行公式アプリ 『Wallet+』 複数口座登録機能の提供を開始…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP