おとなの美味しい情報

小倉かまぼこ×小倉縞縞 異色のコラボ 小倉織のたて縞をかまぼこで表現した新商品【SHIMABOKO】3/26販売スタート

「まるでサンドウィッチ 縞模様のかまぼこ ちょっとした贈り物やお土産に」

北九州の台所である“旦過市場”で大正九年からかまぼこ店を営む 、小倉かまぼこ株式会社(本社:福岡県北九州市、代表取締役:森尾泰之)と、同じ小倉の地でおよそ400年の歴史ある小倉織のオリジナルテキスタイルを販売する、株式会社 小倉縞縞(本社:福岡県北九州市、代表取締役:渡部英子)は、染織家 築城則子監修により、まるでサンドゥイッチのような縞模様のかまぼこ、「SHIMABOKO」を共同企画いたしました。

  • 企画の経緯

年々減少している日本のかまぼこ生産量。一度途絶えた歴史を持つ小倉織。同じ小倉の地で、共に未来につなぎ、若い世代へ発信していきたいという想いから始まった企画です。「SHIMABOKO」は、その名のとおり縞模様のかまぼこです。小倉織の縞を「黄:柚子」「緑:あおさ」「薄紅:辛子明太子」で表現。どの味とどの色が最適か、様々な素材で試行錯誤を繰り返し、この3つの味と色に決まりました。味はもちろん、見た目も楽しいデザインですので、ちょっとした贈り物やお土産にお勧めです。かまぼこは、近年、栄養価に優れたヘルシー食品として、再認識されていることから、幅広い世代の方に召し上がっていただきたい逸品です。

  • 味の特徴

柚子のさわやかな香りの黄、国産あおさの風味豊かな緑、辛子明太子のピリッ、プリッが刺激的な薄紅。白には、最高級のイトヨリダイを使用して、やさしい縞模様が誕生いたしました。見た目はまるでサンドゥイッチ。そのままお皿に盛っても可愛らしく、気軽につまんだり、食材とも合わせやすいので、オードブルやサラダとしてもアレンジが効きます。

■発売日
2022年3月26日(土)
■販売価格
 1,036円(税込)
■販売場所

◆小倉かまぼこ
オンラインショップ: https://kurakama.official.ec/
本店:〒802-0081 福岡県北九州市小倉北区紺屋町2-20 TEL:093-521-1559
旦過店:〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-19 TEL:093-531-5747

◆きたきゅうコロンブス小倉井筒屋 本館6階:〒802-0007 福岡県北九州市小倉北区船場町1-1 TEL : 093-522-3111

  • 小倉織とは
  • 会社概要

「小倉織」は、江戸時代初期から豊前小倉藩(福岡県北九州市)で袴や帯などとして織られてきました。多用した経糸が色のリズムを生む、立体感あふれるたて縞が特徴です。徳川家康も愛用したと言われ、丈夫でしなやかな質感の木綿布は日本全国で珍重されていました。昭和初期に一旦は途絶えましたが、染織家 築城則子氏が偶然に出会った端布から、1984年に復元・再生。長らく、その存在すら忘れられていた北九州の伝統文化が、再び新しい時を刻み始めました。【小倉かまぼこ株式会社】
大正9年の創業。北九州市の旦過市場にてかまぼこ屋を営む。最高級のすり身をその日に使用する分だけ毎日すりあげ、職人が一つ一つ丁寧に手作業で製造。伝統の味と技を守りながらも、現代の消費者のニーズに合うような新たな商品開発も行っている。

【株式会社 小倉縞縞】
1996年創業。2005年広幅小倉織(たて縞・先染め)の機械織での生産の研究・開発に着手し成功。インテリアへも対応可能な汎用品としての生地展開を始め、2007年伝統ある小倉織の丈夫で美しいたて縞という特長を活かした現代版小倉織ブランド「小倉 縞縞」が誕生。広幅の生地を活かし、プロダクトだけでなく、ストライプを生かしたデザインを幅広く展開。

関連記事

  1. 5月10日はリプトンの日!今年でブランド130周年 紅茶を通して…
  2. 福岡、熊本、佐賀、大分エリアのお出かけスポットが、MachiTa…
  3. 和雑貨【倭物やカヤ】大分県・由布院「湯の坪街道」にオープン! 【…
  4. 北九州市認知症支援・介護予防センターの開設 
  5. 認知症予防への意識の高まりから「認知症・MCI早期発見テスト」累…
  6. リリー・フランキー × 町田そのこ「がんばろう北九州・旦過市場」…

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報