お金の情報

成年後見制度についてについて考える 北九州成年後見センター

成年後見制度とは

 成年後見制度とは、判断能力が精神上の障害(認知症、知的障害や精神障害など)により、不十分な方の権利を成年後見人等の支援者を選ぶことで本人を法律的に支援する制度です。成年後見制度で支援される内容は、大きく分けると預貯金などの管理(財産管理)と医療・介護等の手続き(身上監護)の2つがあります。また、成年後見人等の支援者は、本人が単独で行なってしまった契約を取り消したり、本人に代わって法的な契約締結などを行なうことができます。
 成年後見制度には任意後見制度と法定後見制度の2種類があり、また、法定後見人は本人の判断能力に応じて後見、保佐、補助の3つ区分があります。

任意後見制度

 将来、判断能力が不十分となった場合に備えて、あらかじめ契約を結び任意後見人を選ぶ制度です。

法定後見制度

 家庭裁判所に申立てによって、成年後見人等が選ばれます。
 ・後見(※1)…判断能力が全くない状態の場合に、家庭裁判所が後見人を選びます。
 ・保佐(※2)…判断能力が著しく不十分な場合に、家庭裁判所が保佐人を選びます。
 ・補助(※3)…判断能力が不十分な場合に、家庭裁判所が補助人を選びます。
 ※1)後見の概要「自己の財産を管理・処分できない程度に判断能力が欠けている者、すなわち、日常生活に必要な買い物も自分ではできず誰かに代わってやってもらう必要がある程度の判断能力の者のこと。」
 ※2)保佐の概要「自己の財産を管理・処分するには、常に援助が必要な程度の者、すなわち、日常的に必要な買い物程度は単独で出来るが、不動産、自動車の売買や自宅の増改築、金銭の貸し借り等、重要な財産行為は自分ではできない程度の判断能力の者のこと。」
 ※3)補助の概要「自己の財産を管理・処分するには援助が必要な場合があるという程度の者、すなわち、重要な財産行為は自分でできるかもしれないが、できるかどうか危ぐがあるので、本人の利益のためには誰かに代わってやってもらった方がよい程度の判断能力の者のこと。」

後見制度と家族信託を徹底比較!状況別のベストな選択肢とは?

事例利用制度
夫に先立たれてしまい一人で過ごす老後が不安。将来お世話になるかもしれない老人ホームの入所手続を代わりにやってもらいたい。任意後見制度
最近、物忘れが激しく、一人暮らしのため老後がとても不安だ。任意後見制度
兄が認知症の母と同居しているが、どうやら兄が勝手に母のお金を使っているらしい。法定後見制度
認知症の母の不動産を売却して老人ホームの入所費用に充てたい。法定後見制度
寝たきりの祖母からお金の管理を頼まれ、きちんと祖母のお金の管理をしているにもかかわらず、親族からなにかと疑われてしまう。法定後見制度
母親が死亡し、父親が生命保険金の受取人となったが、父親は数年前から病気のためほぼ植物状態となり、入院生活を送っている。法定後見制度
軽度の知的障害を持つ人が、年金や賃金を一人で管理することが難しく、サラ金などからの借金を重ねてしまった。法定後見制度
年金生活の一人暮らしの祖母が訪問販売で必要もない高額な商品を買ってしまう。法定後見制度または任意後見制度

北九州 成年後見制度の内容や手続きについての問い合わせ先

状況別の選択肢については↓↓

後見制度と家族信託を徹底比較!状況別のベストな選択肢とは?

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから!

級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP®
小井手 美奈子 
知っておきたい「セカンドライフに必要な暮らしの知識」
随時募集 ご希望の日時・場所を↡↡お問い合わせよりご予約下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
題名
メッセージ本文

質問内容。ご希望日時・ご希望場所などを↑↑お書込みください



その他ご質問もご遠慮なくお送りください

今日の脳トレにチャレンジ!!

関連記事

  1. 人生100年時代に夢と希望を与えるお話。 ホットタブの小星社長の…
  2. ワンコインサービス事業「シルバーお助け隊」がスタート
  3. 葬儀社の選び方と打ち合わせのコツ
  4. “人生100年時代”を見据えた新ブランド 「よりそう」 を “お…
  5. 葬儀社に依頼する前に知っておきたいこと 種類や流れ
  6. <葬儀・終活に関する意識調査>「終活」自体は9割以上に認知される…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP