おとなNEWS

JR九州が所有する九州鉄道記念館で展示している「キハ四二〇五五号気動車」が、2021年10月15日(金)に国の文化審議会において、重要文化財に指定されました。

【気動車として日本初!国の重要文化財指定へ!】九州鉄道記念館

九州に存在する鉄道車両としては初めて、また、「気動車」としては日本で初めての指定となります。当社では、重要文化財の意義、重要性を認識したうえで、引き続き展示車両として、加えて文化財としての保存に努めてまいります。​


1 車両の概要について
(1)気動車の概要
  気動車(きどうしゃ)とはエンジンを搭載した列車の車両のことで、運転に必要な動力源として、内燃機関を搭載して自走する鉄道車両です。

(2)車両の概要
 〇仕様
  製 造 年:1937年
  製造会社:日本車輌
  車体長さ:約19m
  重  さ:約27トン
  定  員:120人(製造時)

 〇特徴
  戦前の代表的な機械式(クラッチで変速する方式)気動車で、連結運転の時は双方の運転士が合図しながら走っていました。昭和27年にはガソリンエンジンをディーゼルエンジンに変更しており、中央2枚が大きい6枚窓と大きな曲面を描く独特の前面も特徴です。

 〇当該車両の歴史
  1937年(昭和12年) 日本車輛製造株式会社にて製造
  1952年(昭和27年) ガソリンエンジンからディーゼルエンジンに変更
  1957年(昭和32年) 豊後森機関区に配置され宮原(みやのはる)線で使用
  1969年(昭和44年) 引退(引退後、豊後森機関区や大分運転所で保管)
  2003年(平成15年) 九州鉄道記念館にて展示車両として保存

(3)文化財としての評価(文化庁報道発表資料より抜粋)
  ・車体や内装の多くに製造時の姿をとどめ、昭和初期の旅客車の現存例として重要である。
  ・機械式の変速装置が残っている唯一の同形車輛である。
  ・車体の大型化と軽量化、ガソリン機関の出力向上と運行速度の高速化、車両の国産化と標準化を達成し、日本の気動車の技術発達史を俯瞰するうえで貴重であり、鉄道史、社会・経済史、科学技術上において重要である。
 

2 重要文化財指定に関する記念カードの配布
  重要文化財に指定されることを記念して、特別に記念カードを作成しました。九州鉄道記念館に来館されたお客さまに先着1,000名様に配布します。
 〇配布開始:2021年10月16日(土)9:00~(なくなり次第配布終了)

カード表面(イメージ)カード表面(イメージ)

カード裏面(イメージ)カード裏面(イメージ)


<参考>九州鉄道記念館について
 明治時代建築の赤レンガ造りの建物。明治時代に九州で製作された木造客車の展示やC59型、9600型など懐かしい車両も多数展示。ファン必見の本格操縦体験など鉄道の歴史と遊びが詰まった記念館となっている。

・住所    福岡県北九州市門司区清滝2丁目3番29号
・営業時間  午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
       休館日:第二水曜日(但し、8月は除く)。7月は第二水・木曜日。
       ※第二水曜日が祝日の場合は、翌日に休館日を振り替えます。
・お問い合わせ 093-322-1006

あなたもきっと好きになる、歴史とロマンあふれる港町 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/moji/w1100362.html


関連記事

  1. 「祈りの老舗 はせがわ」 “お仏壇買替え応援キャンペーン” ~省…
  2. 丸亀製麺“うどん月見祭”を開催! ~期間中の9月24日(月)から…
  3. 脳ドックについて考える
  4. のどの違和感、鼻水・鼻づまり、頭痛、肩こり・首こり… 長引くその…
  5. 認知症予防を実現する2つのアプローチ 元気人
  6. 今年もやります!!期間限定 カニ食べ放題!!  北九州八幡ロイヤ…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

  1. 【リーガロイヤルホテル小倉】100本のバラでサプライズ!光のスイートルームで2人だけのクリスマスディナーを愉しむ、インルームディナー&ラグジュアリーステイ
  2. 【気動車として日本初!国の重要文化財指定へ!】九州鉄道記念館
  3. 内村航平、橋本大輝、村上茉愛ら体操トップ選手が集結10月18日(月)に開幕する『ジャパネットpresents世界体操 北九州2021』
  4. NEOカレーパンブームに旋風を巻き起こす、メディア大注目の「ザックザクカレーパン」
  5. レシピ動画サイト「食通」がガトーショコラの最高峰ケンズカフェ東京監修のオリジナルレシピを無料公開

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP