介護情報 

住宅型有料老人ホーム

 

 

住宅型有料老人ホーム

【特徴】

「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないタイプの有料老人ホームです。 施設内のスタッフからは食事などの生活サービスが提供されますが、介護サービスが必要なときには、入居者が個々に外部の在宅サービスを利用することになります。介護や看護スタッフが常駐するサービスを取り入れている施設も多く、自由度の高い暮らしの中で、生活のサポートと安心感を、という方にはおすすめです。近隣の医療機関と連携をとっている施設も多くみられます。

 

【介護•生活サービス】

「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていない施設なので、介護サービスは必要に応じて外部の在宅介護サービスを利用する形になりますが、食事などの生活サービス、介護・看護スタッフの常駐、医療機関との連携などをサービスは多くの施設が提供しています。自分にはどんなサービスが必要かを見極めながら、施設選びをしていきましょう。

 

【入居•退去条件】

要介護の方も利用できる場合が多いですが、入居・退去条件は事前に確認しましょう。

 

【費用の傾向】

介護付き施設と同様に、事業者によって費用は大きな開きがあります。介護付きと同じように、「終身利用権」を取得する契約が主流で、一般的には入居時に一時金、月ごとに利用料が発生します。いずれも小さな負担ではありませんので、短期利用の場合は返還金があるのかどうか、月の利用料の内訳などは、必ず確認しておきましょう。

 

【良い点】

介護•看護スタッフの常駐、医療機関との連携など、生活支援や見守りのサポートの充実をはかっている施設が多くみられます。外部の介護サービスの利用で十分な方には魅力の多い施設といえるでしょう。

 

【調べておきたいポイント】

入居時の一時金、月ごとの利用料は介護付き施設と同じように、大きな費用が発生します。実際に現地を訪ね、体験入居などを通して、施設の内容やスタッフのサービスの質を実感することは入居前にぜひ行ってください。「終身利用権」契約への理解、短期利用になった場合の一時金の返還条件など、契約ついては納得のいくまで確認しておきましょう

 

 

関連記事

  1. 服薬拒否には理由がある。処方薬が変わった時の注意点
  2. 特別養護老人ホーム(特養)とは?
  3. 介護老人保健施設一覧_北九州 (老健)施設詳細と空き情報
  4. 遠距離介護を成功させる七つのPOINT!
  5. 認知症予防に向け「全国認知症予防ネットワーク」発足  元気人
  6. 阿川佐和子さん推薦! 話題のケア技法“ユマニチュード”を易しく紹…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP