介護情報 

遠距離介護を成功させる七つのPOINT!

離れて暮らす親を支える──遠距離介護。

厚生労働省のデータでは、介護が必要な人の1割が家族とは別居中。

みずほ情報総研の調査によると、「片道2.5時間以上かけて通う」と答えた方は12.7%

「離れて暮らす場合、食事や入浴、トイレなどの日常的な身体介助は無理でも、別の形でサポートできます」
NPO法人「パオッコ離れて暮らす親のケアを考える会」理事長の太田差惠子さんによると、別居する子どもが、親がしっかり暮らせるように考える事が遠距離介護の“基本形”であり、上記のように様々な形でのサポートは可能なのです。

通常は、訪問介護やデイサービスといった介護保険のサービスを利用し、足りないときには民間サービスを手配したり家族が交代で帰省したりするパターンが考えられます。

電話やメールで話し相手になるなど精神的支えも介護として重要なPOINTなのです。

「親を呼び寄せたり、自分が実家に戻って同居したりすることを『介護』ととらえる人が多いのですが、親がそれを望んでいるとは限らないのも現実。

親子でも価値観や生活感が違っていて、同居が互いのストレスになることも少なくないのです。親子、どちらかの生活が一変してしまう道を安易に選ぶべきではありません」

同居だけが親の幸せな老後をかなえる方法ではなく、別居のメリットもありますが、「遠距離介護」が肉体的・精神的に追い込むことも大いにあり得ます。

では、遠距離介護を成功させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

【遠距離介護を成功させる7カ条】
(1)安易に転居や離職をせず、まずは今の生活を続ける前提で⇒とにかくじっくり話し合って最善の道を選びましょう。
(2)自分一人で抱え込まない⇒兄弟、ケアマネさん、自治体、そして施設の方などいろんな方に相談してみましょう。
(3)思い込みを捨て、親の意思や希望を聞く⇒とにかく親の意見をよく聞いてみましょう。
(4)遠距離のメリットもある。自分の時間を大切に⇒移動時間を楽しんだり、介護以外の時間をしっかり楽しむ事も大切です!
(5)「罪悪感」に負けない⇒施設に入れる事、ヘルパーさんをお願いすることは罪ではありません。それは間違いありません。
(6)親の普段の生活を知っておく⇒離れていると意外と普段の生活が見えない事も!先入観なく親の生活を観察してみて!
(7)介護は情報戦!⇒制度もかわり、高齢者に対する対応も変わってきます。ぜひコマ目に情報収集を! このサイトも十分活用してください。

※週刊朝日  2014年7月18日号より抜粋

 

関連記事

  1. 便利屋ー八幡西区
  2. 訪問リハビリ_北九州
  3. 入りたい時に入れない・・・。「老人ホーム問題」   介護ぷらす
  4. 高齢者専用賃貸住宅(高専賃)とは?
  5. 介護ぷらす 山川 仁様
  6. 訪問介護_戸畑

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP