北九州の終活情報

臓器提供の可否の伝達

・臓器提供の意思表示があるか、ないかを医者に伝えましょう。
・家族が、本人の元気だった頃、「人の役に立ちたい」と言っていた、それを聞いていた場合には、その意思を尊重し、危篤の段階から早めに医師に臓器提供を申し出ましょう。

・親族に優先して提供したい場合は、あらかじめ意思表示をして「(社) 日本臓器移植ネットワーク」に登録しておかなければなりません。だからこそ、あらかじめ意思表示カード登録が必要となります。

【 臓器提供意思表示カード・臓器移植提供 の解説・登録先はこちら】

img_pic-01

・自殺の場合は、自殺防止の観点から、親族優先特約は認められません。

 

「臓器提供の連絡」の仕方
(1)臓器提供意思の有無有の場合:「父は、臓器提供の意思がありますので、お願いします。」
無の場合:「母は、臓器提供の意思はありません。」(2)そして「臓器提供意思表示カード」があれば、医師に提出しましょう。

(3)手元に「臓器提供意思表示カード」がない場合、「臓器提供意思登録」の有無を伝えましょう。登録していれば医師が調べてくれるはずです。

有の場合:「父は、臓器提供の意思登録をしています。」
無の場合:「父は、臓器提供の意思登録をしていませんが、元気な頃、移植に貢献したいと話していました。」

(4)「臓器提供意思登録」がない場合に、家族が患者の意思を代弁する時は、脳死状態でも臓器を提供するか分かっていれば伝えましょう。

心臓停止に限らず、脳死状態いずれでも臓器提供:
「父は、心臓が停止した後に限らず、脳死状態のいずれでも、移植のために臓器を提供したいと願っていました。」

心臓停止の時のみ臓器提供:
「父は、心臓が停止した後に限り、移植のために臓器を提供したいと願っていました。脳死状態の場合は、まだ拒否させていただきます。」

(5)臓器提供の意思はあるが、提供したくない臓器があれば、伝えましょう。
臓器提供の対象となる臓器は以下のものです。
「心臓・肺・肝臓・脾臓・小腸・眼球(角膜)」

例:「心臓と眼球は提供できません。その他は提供します。」

(6)患者が過去に「心臓・肺・肝臓・脾臓・小腸・眼球(角膜)」 の中で、重大な病気をしたことがある場合は、伝えましょう。

例:「肝臓の病気をしたことがあるので、肝臓は医師の判断に任せます。」



(7)「組織の提供」もしていいか、伝えましょう。
組織提供の対象となる臓器は以下のものです。
「心臓弁、血管、皮膚、骨、膵臓組織(膵島)」

提供する場合:「組織の提供もします。」
提供しない場合:「組織の提供はしません。」

 

タイトル
要点ピックアップ
トップページ
臓器の提供について 心臓移植と臓器・組織提供についてのシュミレーション 国立循環器病研究センター
臓器提供について ・臓器提供の橋渡しを行う日本で唯一の組織
・「医師から『脳死である可能性が強く、回復の見込みはない』と説明があった時点で、主治医にカードを持っていることを伝えるか、提供の意思があることを伝えて、主治医からネットワークに連絡してもらってください」
日本臓器移植ネットワー

関連記事

  1. 元気なうちにお葬式を決める「シンプルな生前契約」を開始 増える…
  2. ワンコインサービス事業「シルバーお助け隊」がスタート
  3. 仏壇・仏具店ー八幡西区
  4. お金と保険のプロに聞く  小井手 美奈子さん (コイデ ミナコ)…
  5. 高額な医療費を支払ったときは高額療養費で払い戻しが受けられます。…
  6. 地域福祉権利擁護事業(日常生活自立支援事業) 財産管理や福祉サー…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP