北九州の葬儀情報なら「シニアラボ北九州」

危篤から納棺まで

危篤になったら

医師から危篤の診断を受けたときは、近親者など合わせたい人に至急連絡を取ります。
緊急の場合なので、早朝や深夜にかかわらず、電話で連絡します。

臨終

末期の水(まつごのみず)をとり、医師から死亡診断書を受け取ります。
病院でなくなった場合は病院の人が、遺体の全身をアルコールやお湯で拭き清め、耳、鼻、肛門などに綿を詰めます。
そのあと遺体は病室から霊安室に移されることが多いですが、いずれにしても遺族はすみやかに病室の整理をして遺体を引き取らなければなりません。

遺体の引き取り

遺体の引き取りには、少なくても2人か3人で出向きます。
病院への支払いのほか、故人の私物の引き取り、世話になった方々へのお礼、親族や葬儀社への連絡などの用事もあります。

 

1.病院で亡くなられた場合。

医師に臨終を告げられたら、最後を看取られた方々で「末期の水」をとります。

看護士の方がご遺体の衛生処置などをおこないます。その際、ご家族が新品の浴衣等を用意して申し出れば着せ替えもしていただけます。

霊安室の設備がある病院では、病室から霊安室に移動してご安置されます。

医師から「死亡診断書」を作成してもらいます。(深夜の場合など、翌日になることもあります。)

 

死亡届は死亡診断書と対になっています。
医師から死亡診断書を受け取ったら、左側の死亡届に必要事項を記入して市区町村役所へ提出しなければなりません。死亡届は、故人になるべく近い親族が届出人となり、届出人の署名と捺印をして提出します。
死亡届の提出先は、死亡した人の本籍地、届出人の現住所、死亡した場所、のいずれかの市区町村役所の戸籍係です。一般には、依頼する葬儀社が決まったら、葬儀社に手続きを代行してもらいます。
ちなみに、火葬、埋葬は死亡後24時間を経過しないと行うことができませんが、死亡届を出さないと火葬(埋葬)許可証が交付されず、実際に葬儀を行うことができません。
死亡診断書は、葬儀後の諸手続きに必要となりますので、役所に提出する前に必ずコピーをとって保管しておくようにします。

病院で亡くなった場合、その病院からどこに遺体を運ぶか決めなければなりません。
おもな遺体の安置場所としては、自宅か、葬儀社などの遺体安置所があります。一般には自宅に連れて帰り、家族と最後の時間を過ごします。
家が狭くて安置できない場合や、亡くなったことを近所の方に知られたくない場合は、葬儀社などの遺体安置所に搬送します。

多くの病院には、その病院と遺体搬送を契約している葬儀社があります。
ただし、葬儀をこの葬儀社に頼む必要はまったくありません。病院指定の葬儀社には自宅までの搬送だけを依頼して、その後、葬儀を依頼する葬儀社を決めても遅くはありません。
しかし、搬送のみと葬儀社に依頼しても、自宅に安置できない場合は、その葬儀社に安置場所を探してもらうことになり、後で断りづらくなってしまいます。
そのために、事前に葬儀を依頼する葬儀社を決めておいて、その葬儀社に搬送してもらった方が、トラブルも費用も少なくて済みます。

2.自宅で亡くなられた場合。

かかりつけの主治医へただちに連絡してください。主治医に病死が確認されれば、「死亡診断書」が作成されます。主治医もしくは、心当たりの医師がいない場合は、最寄りの警察に連絡してその指示に従ってください。この場合は、警察医により「死体検案書」が作成されます。

小倉北警察署:093-583-0110

小倉南警察署:093-923-0110

門司警察署:093-321-0110

または、110番通報

いずれにしても、勝手にご遺体を動かすことはできず、法律により医師の死亡確認が必要です。死亡診断書または、死体検案書がないと火葬や埋葬がおこなえません。

3.葬儀社へ連絡します。

病院で亡くなられた場合は、葬儀社へ連絡して専用寝台車で希望する安置先(斎場や自宅等)へご遺体の搬送を依頼します。北九州では、病院からの搬送はほとんどの場合お柩ではなくストレッチャー布団による搬送がおこなわれています。

自宅で亡くなられた場合は、葬儀社を呼び今後の相談をします。

どちらのケースもこの段階で葬儀社への依頼が発生します。業者選びで後悔しないためにも事前相談などで信頼できる葬儀社を探しておかれるとよいでしょう。

喪主を決めますが、配偶者や長男など、故人との縁が最も深い人がなります。
葬儀社と相談しながら、お通夜・葬儀の形式や規模、日時、場所、予算などを決めます。
日時は、菩提寺の住職の都合もあるので、必ず事前に連絡して相談が必要です。このとき戒名も住職に相談して、お通夜までに決めていただきます。お付き合いをしている菩提寺がない場合は、親戚などに宗旨宗派の確認をし、葬儀社に僧侶の読経や戒名を相談します。
遺影写真、喪服や数珠などを用意し、葬儀で家紋を使う場合は調べておきます。
葬儀委員長などの世話役代表をたてる場合は早めに連絡してお願いします。葬儀のお手伝いいただく方へのお願いと確認をします。
供花・供物・弔電などを整理します。

葬儀の日程は、火葬場の休業日によって左右されることがあります。
ほとんどの火葬場が、元日からの三が日を休業にしています。この場合、葬儀は三が日が明けてからになります。
また、一般に友引の日の葬儀を避ける傾向があることから、友引の日を休業としている火葬場が多いです。

4.ご安置します。

まずは、安らかにご安置するために、ご遺体をお布団に寝かせてドライアイス処置などをおこない、枕飾りを整えます。

遺体には死化粧(しにげしょう)をし、白の死装束を着せますが、最近は故人の気に入っていたものを着せることも多いです。
遺体は、北枕もしくは西枕に安置し、顔を白い布で覆います。遺体のそばに小机を置き、線香、ローソク、花などを供えて枕飾りとします。
僧侶にお願いして、枕経をあげていただく場合もあります。

「葬儀 納棺 イラスト」の画像検索結果

仏式
北枕」にして顔に白布を掛け、数珠をかけた両手を胸の上で組ませて合掌の姿で寝かせます。布団の上に「守り刀(浄土真宗では置きません)」を置きます。枕飾りは、「三具足」を置き線香をたてます。ほかに、樒(しきみ)・枕飯・枕団子・水などを供えますが宗派により違いがあります。
神式
「北枕」にして顔に白布を掛け、布団の上に守り刀を置きます。枕飾りは、榊とローソクを立てて酒・米・塩・水などを供えます。
キリスト教式
顔に白布を掛けますが、ほかは特に決まりはありません。枕飾りは、十字架を置きローソクを立てお花などを供えます。

5.寺院・神社・教会へ連絡します。

菩提寺へ連絡して、「枕経」をお勤めいただきます。(深夜の場合は、翌朝に来ていただきます。)

宗教者と葬儀の日程や場所についての打ち合わせをします。(北九州での葬儀開式時間は11時が一番多く、次いで12時・13時となります。また、通夜は19時開式が最も多いです。)

6.知人・勤務先・関係団体などへ連絡します。

友人、知人、勤務先、関係団体、町内会などへの連絡は、葬儀の日程と場所が決定してから連絡します。一般に、すぐ知らせる人と、葬儀の日程が決まってから知らせる人に分けて連絡します。連絡は、故人と自分の関係・死亡日時・死因などを手短に伝えます。葬儀の日程が決まっている場合は、日程・会場も伝えます。
友人・知人などは、グループの代表者に連絡して、その人からほかの人へ連絡してもらうようにします。
葬儀の際に慌てることが多いのが、この連絡先です。
あらかじめ連絡する人のリストを、亡くなってすぐ連絡する人、葬儀の日程が決まってから連絡する人に分けて用意しておくと慌てなくて済みます。一般に、すぐ知らせる人と、葬儀の日程が決まってから知らせる人に分けて連絡します。この連絡だけは、葬儀社に頼むわけにはいきませんので、自分たちでやらなければなりません

ご遺族も故人の交友関係すべてを把握している訳ではありませんので、それぞれの関係先の主立った方々に協力していただきます。。近年、家族葬などの増加に伴い訃報の連絡範囲を制限するケースが目立ちますが、故人と親交の深かった方から、どうして知らせてくれなかったと悔やまれたり、後日に自宅への弔問が続くなどのケースもありますので、近親者でよく相談して慎重に判断してください。ご遺族も故人の交友関係すべてを把握している訳ではありませんので、それぞれの関係先の主立った方々に協力していただきます。

連絡は、故人と自分の関係・死亡日時・死因などを手短に伝えます。葬儀の日程が決まっている場合は、日程・会場も伝えます。
友人・知人などは、グループの代表者に連絡して、その人からほかの人へ連絡してもらうようにします。
葬儀の際に慌てることが多いのが、この連絡先です。
あらかじめ連絡する人のリストを、亡くなってすぐ連絡する人、葬儀の日程が決まってから連絡する人に分けて用意しておくと慌てなくて済みます。

 

ご遺族も故人の交友関係すべてを把握している訳ではありませんので、それぞれの関係先の主立った方々に協力していただきます。

近年、家族葬などの増加に伴い訃報の連絡範囲を制限するケースが目立ちますが、故人と親交の深かった方から、どうして知らせてくれなかったと悔やまれたり、後日に自宅への弔問が続くなどのケースもありますので、近親者でよく相談して慎重に判断してください。

危篤の連絡をする時、誰に・どのように知らせればよいのでしょうか?

近親者など最後を看取ってもらいたい人へ連絡をします。
三親等ぐらいまでを目安にしましょう。

疎遠の親族などにも、会うかどうかはその方に決めてもらい、できるだけ連絡してあげましょう。
遠方の方には、早めに連絡しましょう。
連絡手段の優先順位「携帯電話>携帯メール>固定電話>FAX>電報>PCメール」

(1)深夜・早朝の時は、詫びの言葉を先に一言。「夜分遅く申し訳ございません」「こんな時間に失礼いたします」

(2)[誰が][原因]」

「私は、○○○○の長男ですが、父○○が、危篤の宣告を受けましたので、ご連絡させていただきました。まだ息のあるうちに一目会っていただけないでしょうか。」

(3)[どこで]
(病院名・部屋番号・住所・病院の電話番号など)を伝えます。

「○○病院の5階28号室になります。病院の住所は、北九州市小倉北区〇〇1-1-1になります。一応病院の電話番号をお伝えしておきます。093-123-○○○○です。」

(4)最後に、お願いの言葉を。

「何卒、よろしくお願いいたします。」

 

 

7.葬儀社との打ち合わせを行います。

  • 葬儀の打ち合わせと言っても、ほとんどの方が初めての経験ですから何をどう打ち合わせればよいか解らないと思いますので、ここではいくつかのポイントを説明いたします。
  • 「宗教・宗派の確認」「考えている予算」「おおまかな参列者の人数と内容」「故人や遺族が抱いている葬儀に対するイメージや考え方」「特に気になる点やこだわりたい部分」など、分かる範囲で結構ですからできるだけ細かく葬儀社へ要望を伝えます。きちんとした葬儀社(担当者)であれば、ひとつひとつ丁寧に説明しながら打ち合わせを進めてくれます。
  • 打ち合わせの最後に必ず、葬儀費用の総額がわかる見積書を受け取り追加料金等が発生しないか確認してください。(葬儀社によっては、基本部分だけの見積書を提示して、後で追加請求する場合もあります。)

納棺

「葬儀 納棺 イラスト」の画像検索結果

お通夜の前に、遺体を家族全員で棺に納めます。
身内の方はできるだけ同席します。
棺には、故人の愛用品などを一緒に納めることもありますが、燃えにくい金属製品などは避けるようにします。

現金の用意

銀行は名義人が死亡した事実がわかると、預金を引き出したり解約したりできなくなります。
病院への支払いなど、当座の支払いのために、ある程度まとまった現金の用意が必要です。



関連記事

  1. お墓の引っ越し(移設・改葬)
  2. お通夜・葬儀に参列するときのマナー   焼香のマナー
  3. 密葬と家族葬の違いについて
  4. お墓の基礎知識
  5. 危篤・臨終の知らせを受けたら
  6. http://www.verycard.net/category/condolence/ お悔やみ電報のマナー
  7. 葬儀社に依頼する前に知っておきたいこと 葬儀の費用
  8. お布施のマナーと包み方

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP