北九州のニュース いいっちゃclub北九州

中高年の目の病気についてまとめてみました。

老眼

目には「水晶体」があり、カメラでいうとレンズに当たります。

この水晶体を、近くを見るときには厚くし、遠くを見るときには薄くなるように調節を行なっています。

若い時にはこの調節が抵抗なく出来ますが、年をとってくるとこの調節が出来なくなってしまいます。

 

60歳~65歳くらいまでは比較的早く進行することが多く、それ以降は度の進み方も徐々に遅くなり、老眼の自覚症状を感じだす年齢に個人差があるのと同様に、進行が止まる年齢にも個人差がありますが70歳前後になると老眼(老視)の進行もほとんど止まるといわれています。
老眼になると、近くのものが見えにくくなるので、本や新聞を遠くに離して読んでしまいます。
また、読書後に肩こりや疲れ目、頭痛などの症状が出る場合も老眼の初期症状と言えるでしょう。

なぜ加齢が進むと近くが見えづらくなってしまうのでしょうか?

水晶体の機能が衰え、弾力性が減少するためです。
眼で物を見るとき、毛様体という筋肉がで水晶体の厚さを調整して焦点を合わせます。
近くを見る場合は水晶体を厚くし、遠くを見るときは逆に薄くしてピントを合わせるのです。
しかし一般的に40代に入ると、加齢等によって毛様体自体の筋力が衰えていきます。
そして毛様体筋が水晶体の厚さを調整しようとしても、水晶体の弾力性が乏しいので水晶体が丁度良い厚さになりません。
こうして近距離のものに焦点が合わなくなり、見づらくなる、この症状が老眼なのです。

目のいたわり方

●目をよく使う方は方は、定期的に目を休める。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

●蒸しタオルで目のまわりを暖め血行をよくする。

●目の周囲をマッサージする。

●普段から眼や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、健康補助食品(ルテイン)などを利用する。

 

 

白内障

白内障の原因としては加齢によるものが多く、このことを「加齢性白内障(老人性白内障)」と呼んでいます。

個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて、水晶体は濁ってきます。

加齢性白内障は一種の老化現象ですから、年齢が高い人ほど発症するケースが多いようです。

→白内障の症状は、目の中の水晶体が白く濁ります。

濁り方のタイプによって症状が違ってきますが、目のかすみと視力低下が代表的な症状です。

そのことにより、視力が低下します。

他の白内障の症状としては、次のような症状があります。

  • 目のかすみ(霧がかかったように目がかすむ)
  • 光をまぶしく感じる。
  • 視力が低下する。(小さな文字が読みにくい)
  • 急にめがねが合わなくなる。水晶体が硬くなっているため、メガネが毎年あわなくなるという症状が現れることもあります。

このような症状があらわれたら、一度眼科で診てもらいましょう。

 

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は高齢者に多く発症することから黄斑部の老化現象が主な原因と考えられています。

また、加齢黄斑変性は、白色人種(欧米人)に多く発生しており、その主な理由としては、欧米人の眼が日本人の眼に比べ、光刺激(眼の老化を促進する原因)に弱いことが挙げられます。

黄斑部は網膜の中心にあり、ここが物を見る中心となります。

 

加齢黄斑変性症とは、この黄斑部が何らかの原因で変性し、黄斑部を再生しようと新生血管が発生する病気です。

加齢黄斑変性症の症状

加齢黄斑変性症の初期の自覚症状としては、中心視力の衰え、物がゆがんで見える、飛蚊症などがあります。

しかし、加齢黄斑変性症になっても片目の場合、気づかないことが多く、両眼が罹患(りかん)して初めて気づくことが少なくありません。

加齢黄斑変性症の末期になると、視界の中心部にすっぽり穴があいたようになり、実質的に視力を失うことになります。

加齢黄斑変性症の原因

加齢黄斑変性症は高齢者に多く発症することから黄斑部の老化現象が主な原因と考えられています。

 

日本人の加齢黄斑変性症の患者が増加している理由としては、生活習慣(特に食生活)の欧米化や、TVやパソコンによる光刺激を受ける機会が非常に多くなったことも原因のひとつと考えられます。

加齢黄斑変性症の原因としてはこの他にも、紫外線などによる活性酸素や食生活・環境悪化による活性酸素の増加が原因とも考えられているが、加齢黄斑変性の原因は、完全には解明されておらず、現在もなお研究がなされている分野です。

加齢黄斑変性症の治療

●加齢黄斑変性症を自覚した場合は、まずは眼科での受診をオススメします。

眼科の医師と加齢黄斑変性症の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。

 

 加齢黄斑変性症の予防

●加齢黄斑変性症の予防法としては、自分で出来るチェックを定期的に行なうことです。

日頃から、片眼をふさいでモノを見て、見え方に異常がないか確認しましょう。また、眼科への定期検診もおすすめします。

●加齢黄斑変性症を予防するためにも、生活習慣の改善が重要です。

●紫外線などの光刺激を極力避ける。

●抗酸化作用のあるルテインやビタミンA、Cを積極的に摂取する。

 

 

飛蚊症

飛蚊症とは、明るい所(白い壁、青空)などを見つめたとき、目の前に黒い点や虫、糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見える症状のことをいいます。

ほとんどの場合、問題ありませんが、重大な病気の初期症状として飛蚊症があらわれる場合もありますので、眼科専門医での検査をおすすめします。

 

飛蚊症の原因としては、生理的なもの、老化現象によるもの、病気によるものなどいくつか挙げられます。

飛蚊症の原因として最も多いものが硝子体剥離です。この硝子体剥離の原因は、老化現象として起こります。

 

関連記事

  1. からだのガソリンって何? スマイル総合研究所
  2. 人生100年時代を元気に楽しむための『還暦筋トレ』刊行
  3. メガネブランドZoffがつくったメガネ型ルーペ「Zoff DEC…
  4. サクランボの花🌸既に咲いとるやん♡ てか、いつの…
  5. ヒントは低ストレスなシニアが好む “趣味” にあり ずっと元気で…
  6. おとなコミュニケーションサロン第一回 北九州ロイヤルホテル脳トレ…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP