北九州の映画/DVD情報

「日本のいちばん長い日」 「愛を積むひと」を昭和館にて上映

 

1月9日(土)より上映開始!~1月29日(金)まで
昭和館②号館 お正月第2弾話題の邦画2本立て

 
「日本のいちばん長い日」 

戦争終結のために、命をかけて闘った人々。彼らが下した、日本史上最大の決断とは―。

最高峰の演技派キャスト総出演、衝撃と感動の歴史超大作。

公式ホームページ 予告映像は↑↑

「日本のいちばん長い日」10:30/15:25
☆1945年8月15日に玉音放送で戦争降伏が国民に知らされるまでに何があったのか、歴史の舞台裏を描く。出演は阿南惟幾役の役所広司、昭和天皇役の本木雅弘をはじめ、松坂桃李、堤真一、山崎努ら。
「愛を積むひと」

佐藤浩市と樋口可南子が夫婦役を演じ、北海道で第2の人生を送る熟年夫婦の愛と絆を描いたヒューマンドラマ。エドワード・ムーニー・Jr.の小説「石を積むひと」を原作に、「武士の献立」「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三監督がメガホンをとった。東京の下町で営んでいた工場をたたみ、豊かな老後を求めて北海道に移住してきた篤史と良子。しかし、ガーデニングや内装アレンジなど充実した毎日を楽しむ良子に対し、仕事一筋だった篤史は暇を持て余すばかりで、そんな夫を見かねた良子は、篤史に家の周りの石塀づくりを頼む。ところが、良子の持病である心臓病が悪化し、篤史の願いもむなしく亡くなってしまう。妻の死に絶望し、心を閉ざした篤史だったが、彼女が死の直前につづった自分宛の手紙を読んだことをきっかけに、周囲の人々や疎遠だった娘との関わりを取り戻していく。

 

「愛を積むひと」13:05/18:00
☆第2の人生を踏み出そうと北海道へ移住するも、妻に先立たれた男が彼女の残した手紙によって再生していく姿をつづる。佐藤浩市と樋口可南子が2度目の共演で初の夫婦役を演じる。
(2015年/日本/2時5分)

 

関連記事

  1. 映画 人生の約束を観てきました 
  2. 公開日が2016年12月10日に決定 海賊と呼ばれた男
  3. おとなにお勧めの映画です。笑う101歳×2 
  4. 6月15日(水)にブルーレイ&DVD『母と暮せば』
  5. お孫さんといかがですか?? あの人気映画を無料体験! <映画感想…
  6. 「GO!GO!フィルムタウン」の放送日が決定しました!

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP