おとなの美味しい情報

糖質ダイエットには低糖食堂

 近年、人気のダイエット法といえば「糖質オフダイエット」。

「低炭水化物ダイエット」「ローカーボ(Low carb)ダイエット」などとも呼ばれ、ここ4~5年、数多くのメディアに取り上げられてきたのでご存じの方も多いですね。

糖質オフダイエットとは、三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質のうち、炭水化物に含まれる糖質の摂取を控えるものですが、炭水化物は消化吸収されてエネルギーになる糖質と、消化吸収されない食物繊維に分けられる。私たちが食品から摂取している主な糖質は、米、パン、めんなどに含まれるでんぷん、果物に含まれる果糖、砂糖に含まれるショ糖です。

人間の体は糖質の摂取を減らすとエネルギーが足りなくなり、脂肪を分解して補おうとする。そのため、脂肪が減り体重が落ちます。

また、三大栄養素のうち、食後の血糖値を上昇させるのは糖質だけだ。血糖値が上昇すると、それを下げるホルモンであるインスリンが分泌される。インスリンには余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きがあるため、糖質の摂取を控えてインスリンの分泌を抑えると太りにくくなるのだそうです。

「急激に減量すると、脂肪だけでなく筋肉がやせてしまい基礎代謝がグッと落ちます。また、脳が命の危険を感じ、消費エネルギーを抑えて体重を維持しようとするため、やせにくく太りやすい体質になってしまうのです。減量とリバウンドを繰り返すことを“ウエイトサイクリング”といいますが、極端な糖質制限はこの状態を招きやすいので要注意です。また、糖質を極端に制限すると、本来肝臓に貯蔵されるべき中性脂肪が不足します。すると、体は生きていくための手段として、体中から中性脂肪をかき集めきて肝臓に送り込み、蓄えようとします。極端な場合、低栄養性脂肪肝を引き起こすことがあります」(栗原氏)。

■主食抜きの極端なオフは原則NG

つまり、糖質はとりすぎてもとらなさすぎてもリスクがあるということです。「1カ月に1kg以上体重が落ちるようなダイエットは、糖質を減らしすぎている可能性があります。リバウンドがなく、一生健康的に続けられるのは、糖質“ちょいオフ”ダイエットです」(栗原氏)。

管理栄養士で料理研究家の牧野直子氏も、糖質の“ちょいオフ”をすすめる。「日本人はエネルギーの約6割を糖質からとっているので、主食を完全に抜くと栄養バランスが崩れてしまいます。ラーメン+チャーハンのような糖質の重ね食いをしている人は、かなりの見直しが必要ですが、糖質は適度にとり運動習慣を取り入れた方が減量には効果的です。最近では、糖質は『オフ』より『コンシャス』だといわれています。糖質についてよく知り、賢くとることをおすすめします」(牧野氏)。

そこで・・・・

たとえばラーメン。

糖質ダイエットの麺は「こんにゃく」や「大豆」を使ったものが殆んどです。

低糖食堂では糖質量を抑えながら美味しさにこだわり、低糖質麺でありながら「こんにゃく」や「大豆」を使っていない生めんタイプです。
スープ・薬味も同様に糖質量にこだわり、麺・スープ・薬味を合わせた糖質量は約21gです。(ご飯1杯の半分以下)
・炭水化物を控えている
・ダイエットをしている
・お腹周りが気になる
・体重が気になる
・糖質量が気になる 方など
試してみてはいかがでしょうか?
 ↓↓↓clickしてね!



関連記事

  1. 【リーガロイヤルホテル小倉】特別な夜を演出する贅沢なひととき ク…
  2. 最近、何かと話題の「腸内細菌」や「常在菌」というキーワードをご存…
  3. 日本初の宅配ピザ屋と日本初のカレー屋が共同開発!約1年かけて開発…
  4. ご好評につき再開!今さら聞けないお金のおはなし&アンチエイジング…
  5. 「おとなナビ」事務所近く福岡県北九州市八幡西区にある餃子屋さん友…
  6. 体にやさしい自然派ビュッフェレストラン花葡萄は新鮮サラダ・生パス…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP