介護情報 

居宅介護支援事業所とは? おとなナビ北九州

介護と医療の両面から総合的にバックアップするサービスを提供する窓口です。

ケアマネジャーによるケアプランの作成や、介護事業者との連絡調整・紹介などのサービスを行います。

また、介護の必要な方々に、住み慣れたわが家で、暮らし慣れた地域で、自立した質の高い生活を過ごしていただきたい・・・。このような思いから、日常生活の支援や介護、医療面の相談を承っています。

「こんなときはどうしたらいいのだろう」「こんなこともできるのかな」などの疑問に、専門スタッフがわかりやすくお答えします。

 

居宅介護支援事業 サービス利用の仕組み

病気や高齢のため、介護や支援が必要となってきた、65歳以上の方・特定疾病のある40歳以上の方

介護認定の申請(住所地の市町村)

要介護認定を受ける(訪問調査・医師の意見書/認定審査会)

要介護1~5と認定介護を必要とされる方は介護給付(介護サービス)を受けられます         

要支援1.2と認定された方は介護保険の対象者ですが、要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性が高い人などが受けるサービスです。

地域包括支援センターが担当し、自立支援のサービスが利用できます

 

ここからは認定介護を必要とされる方について説明いたします。

 

■日常生活で介助を必要とする度合いの高い人で、生活の維持・改善を図るための様々な介護サービスを利用できます

■居宅介護支援事業所に依頼します(自己作成もできます)

■ケアプランを作成します

ケアマネージャーがご本人やご家族の希望をうかがって、状態に適した介護サービス計画を作成し、サービス事業者と調整を行います。

デイサービスや訪問介護など、ケアプランに基づいたサービスを利用します。サービスの利用者負担は原則として費用の1割です。(食費や居住費等は自己負担となります。)

■継続的な支援を行います

ご本人の状態の変化や生活の変化などに合わせて、適切なサービスが受けられるよう、支援します。認定の有効期間が満了前に更新や変更申請が必要となった場合は申請の代行もいたします。

 
※ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

介護の必要な方が在宅で自立した生活を送れるよう援助する専門家です。サービス事業者やサービス内容などについての相談や、要介護認定申請のお手伝い、施設や病院に関するご相談も承ります。

※地域包括支援センターとは?

高齢者のさまざまな相談に対応するために 各市町村にある機関です。

保健師・主任ケアマネージャー・社会福祉士がチームとなって生活を支援します。

 

 

 

■よくあるご質問

居宅介護支援事業者と居宅サービス事業者の違いは?

居宅介護支援事業者は、介護を必要とする人が適切なサービスを利用できるよう、本人や家族の要望を伺いながら、ケアプランの作成や見直しを行います。

更には、サービス事業者や施設との連絡調整も行う、都道府県の指定を受けた専門の事業者です。

居宅介護支援事業所には、実際に相談に応じたりケアプランを作成している、保険・医療・福祉などの介護に幅広い知識を持つ介護支援専門員(ケアマネジャー)がいます。

居宅サービス事業者とは、利用者との契約に基づき訪問介護(ホームヘルプサービス)や通所介護(デイサービス)などの居宅サービスを提供する事業者です。

居宅介護支援事業者と同様に、国が定めた基準を満たしている法人で、都道府県の指定を受けた事業者です。

 

北九州の居宅介護事業所一覧

kyotakukaigo

 

関連記事

  1. 居宅介護支援事業所一覧 戸畑区  おとなナビ北九州
  2. 在宅介護(ホームヘルプ)サービスについて
  3. 認知症対応型通所介護について
  4. 認知症予防活動支援士 認定制度 2級研修  「認知症予防活動…
  5. No.1介護メディア「みんなの介護」が介護動画コンテンツ「みんな…
  6. オンラインで介護相談やコンシェルジュサービスが受けられる「cur…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP