アンチエイジングナビ

桑茶 桑の葉茶の効能!

桑は中国や日本に生育している木で、昔からその効能のため、葉っぱを陰干しにしたものを服用する文化があったそうです。
日本でも、昔から咳止めなどの効用があると重宝されており、よもぎや人参とならんで、煎じて飲む薬として利用されてきました。

最近健康茶として注目されている桑ですが、日本の別名を扶桑国と言うように、実は長い間愛用されてきた、「新しくて古い」お茶なのですね。

 

最近では、ダイエット効果・健康効果に注目が

そんな桑の葉茶ですが、最近では

  • ダイエット効果
  • 生活習慣病の予防
詳しくは

DNJ(デオキシノジリマイシン)やカルシウムが豊富に含まれる桑茶には、ダイエットや成人病予防など、幅広い健康効果があります。

DNJ(デオキシノジリマイシン)は、現在のところ桑葉にしかまだ見出されていない成分で、小腸からの糖分吸収を遅らせ、炭水化物(糖質)の吸収を自然に抑えます。

糖尿病に効くといわれるお茶はいくつかあるようですが、その中でも桑の葉茶は、血糖値の上昇を防ぐことが明確にわかっている数少ない健康茶です。
その中でも特に、デオキシノジリマイシンは桑固有の成分であり、ほかのお茶にはない薬効を発揮します。

主な効用としては、

  • 滋養強壮
  • 咳止め
  • 糖尿病〔血糖値の抑制〕予防
  • 便秘の解消

などがあげられますが、健康全般にプラスになるお茶という捉えかたをしてもよいかもしれません。

また、桑茶は高血圧及び高コレステロール値の抑制にも効果が見られるようです。

これは、桑の葉に含まれる豊富な食物繊維によるもので、薬品に頼らず日常的に成人病を予防できるのはとてもありがたいですね。
もちろん、食物繊維の働きは肥満の予防・防止(ダイエット)にもつながります。

また、桑の葉茶はカフェインやタンニンを一切含んでいません。

そのため夜中に飲んでも覚醒作用がなく、安眠茶としても利用することができます。
寝しなに飲んでも良く眠れるお茶として重宝している方もいるようです。

 

 



関連記事

  1. うつで認知症リスクが倍増|元気人
  2. いつの間にか骨折について 日本イーライリリー株式会社 
  3. 「結果にコミットする」ポイントは腹筋への縦・横の刺激  筋肉強化…
  4. 予防医学の視点からクリニックと連携した黒崎メディカルフィットネス…
  5. 春です!  花粉症の季節です。おすすめ花粉症GOODSと花粉情報…
  6. 新日本水素水から入浴剤が登場しました!

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP