お金の情報

保険のプロのおはなし <相続について ~知識編~>   飛永 昭弘

長い時間をかけて築いてこられた資産、そこには、これまで生きてこられた歴史とさまざまな思いが、刻みこまれていることでしょう。その資産が次の世代によって、しっかりと生かされていくために受け渡していくことが「相続」です。

相続対策と生命保険

相続と聞いてみなさんはどう感じられるでしょうか?相続なんて我が家には関係ないとおっしゃる方も多いと思います。しかし裁判所の「司法統計」によれば、相続をめぐって家庭
裁判所に持ち込まれる調停・審判案件の7割以上は、相続財産が基礎控除以内におさまっている、つまり相続税の発生しない案件です。「相続財産が巨額だから相続争いが起きる
」とは限らないのです。財産の多い少ないに関わらず「相続対策」を講じておく必要があります。
ようするに相続対策はどの方も必要だということです。円滑で負担の少ない相続を実現するために、事前の対策が重要です。3つのポイントで将来の相続に備えることをおすす
めします。

 

ではその3つのポイントとは

1. 流動性資金の確保
相続が発生したときに、相続税を円滑に納税するためにも、ある程度の財産は保険や預貯金など流動性の高い金融資産でもっておくことが大切です。保険や預貯金などは不動産
などと比べて分割がしやすいので、「相続争いをさける」という意味でも流動性資金を確保しておくことは重要です。
2. 相続税負担の軽減
相続税負担を軽減するためには、不動産を高度活用したり、生前贈与を活用して相続財産そのものを減らしたりする方法が一般的です。現金を「保険」に替え、「生命保険の非
課税枠(500万円×法定相続人数)」を利用することで、遺産評価額を下げる方法もあります。
3. 受け渡す人の明確化
「争う相続」を避ける方策のひとつは、あらかじめ「どの資産を誰に相続するか」を生前に決めておくことです。遺言書を準備しておく方法もありますが、生命保険を活用し、
受取人を「受け渡したい人」にしておく方法もあります。

 

 

ちょっと難しかったですか?
次回は「相続の基礎知識」について具体的にお話させていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

保険のプロに相談 飛永 昭弘

メッセージ本文

tobi

飛永 昭弘さんプロフィール

記事一覧

関連記事

  1. 今回は、生命保険を利用した生前贈与のお話しをさせて頂きます。  …
  2. 寺院 門司区 おとなナビ北九州
  3. 保険のプロのお話し 【女性の活躍を妨げるものとは?(前半)】ファ…
  4. プロが教える  <保険の基礎について~3つの保険~>猶塚 智明
  5. 保険のプロのおはなし <介護について ~知識編~>   姉川英邦…
  6. シルバー人材センター 親孝行代行サービス

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP