お金の情報

保険のプロのおはなし <相続について ~相続放棄編~> 飛永 昭弘

梅雨にはいってジメジメとうっとうしい季節になりました。みなさん体調くずされていませんか?ちなみに自分は体調をすこしくずしてしまいました。
さて今回は相続放棄・限定承認についてです。
・相続では「マイナスの財産」つまり債務も相続されます。場合によっては、資産の評価額よりも借金の残高のほうが多いということもあります。このような場合遺産を取得しないことで債務も引き継がないようにすることができます。これを「相続放棄」といいます。
 tobi2
・相続を全面的に放棄するのではなく、取得したプラスの相続財産の範囲内で債務を引継ぐことを裁判所に申し立てることもできます。これを「限定承認」といいます。限定承認は相続人全員で行う必要があります。
 tobi1
・相続放棄および限定承認は、相続を知った日から3ヶ月以内に裁判所に申し立てをする必要があります。この期限を過ぎると「単純承認」をしたとみなされ、相続人はプラスの財産もマイナスの財産も引き継がなければならないことになります。
自分は上記の事実を知ったときお金ってあってもなくてももめる可能性があるのだなと思いました(汗)。何事も正しい知識を知って事前に対策することが大事ですね。
今回は以上です。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

保険のプロに相談 飛永 昭弘

メッセージ本文

 

 

tobi

飛永 昭弘さんプロフィール

記事一覧

 



this is default footer data

関連記事

  1. 遺言状  遺恨を残さないためにぜひ考えてみましょう
  2. 保険のプロのおはなし <医療について ~医療保険編~> 堀川 真…
  3. プロが教える保険のお話し  <医療保険の落とし穴/第4弾> 猶塚…
  4. おとなNEWS 医療費の負担増!!   ファイナンシャルプランナ…
  5. 保険のプロのおはなし <資産運用について ~老後のお金編~>  …
  6. お金と保険のプロに聞く  小井手 美奈子さん (コイデ ミナコ)…
  7. 保険のプロのお話し 【今後の問題提起と共有したいこと ファイ…
  8. 保険のプロのお話し 【生命保険の見直しって?②】姉川英邦

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP