今月の特集

特集 梅雨になる前に衣替えのススメ  コンフォートアドバイザーCOCOKEIKO・ 田邊恵子さん

コンフォートアドバイザー 田邊恵子さんに聞きました。

COCOKEIKO
心神恵子さん 

プロフィール

衣替えの季節ですね。冬服と夏服、一年中着る服を、上手に整理できれば、クローゼットもすっきり片付きます。
効率良く衣類を収納する衣替えのコツを、コンフォートアドバイザー 田邉恵子さんに聞きました

 

衣替えは持っている洋服を知るチャンス・好きだけを残して大成功!

毎年変わるトレンドに合わせて、新しい洋服を買うのは大きな楽しみ。シーズンごとに増えていく服を、持て余し気味の方も多いのではないでしょうか? 衣替えは、衣類を減らしてクローゼットを整理できるチャンスです。

 

指さし棒1誰でも簡単に出来る衣替えのコツ

COCOレシピ 3つの成功法則

①    ハンガーの数を決める  例)夏物30本以内(30日分) 

②    1本のハンガーにコーディネートのセットを作る 例)上下でセットして収納する

③    小物使いで、センスよく着こなす  (ココの7つ道具)

 

COCOルール 

① また着るかも💦・・・そのまま何年も着ないまま 収納BOXとハンガーを交互に占領!一度も着なかったら、来年も着ない これ、99%の確率です

② 痩せたら着る💦・・・今は入らないけど、痩せたら着る・・・ダイエットに成功したら着る これも、99%着ない
片付けられない人が、ダイエットには成功しないし 何年後かにダイエットに成功した頃には、デザインも古くなり、相変わらずタンスの肥やし!

③ 高かったから・・・💦買った時の値段を思い出して捨てられない、タンスの肥やしも99%着ない。今、着ているお気に入りだけを残して、スッキリと処分 。騒動買い、ついで買いは辞める 。1枚買ったら1枚捨てるルールで増やさない!
指さし棒1ココチェックポイント 片付けに成功したら、ダイエットに成功したら、ご褒美 とびっきり素敵なお洋服を、買いましょ!

冬服を整理して、残すものを決めたら、今度はスペースを上手に使って収納しましょう。これから使う洋服やバッグが、使いたいときに、すぐ出せる位置にあることが、良い収納のポイントです。

指さし棒1賢く美しいスペース活用術

COCOレシピ 3つの成功法則

①収納スペースは3段に分割・・・上・中・下段と、奥行きがある場合は前後にも分ける事で使いやすいから散らからない収納術です。 

② ハンガー統一、間隔を決める・・・見た目はもちろん、型崩れ防止、通気性にも効果を発揮します。

③ 引き出し、カゴは、種類デザイン、サイズを統一・・・見たた目にゴチャゴチャする最大の失敗がバラバラな収納雑貨。 購入時に1つ、2つと何となく書いたして来て、部屋を見渡したら、バラバラ、チグハグ、落ち着かない部屋になります。 規格がコロコロ変わる流行りモノより、きちんとしたブランドの定番シリーズもオススメです。

 

COCOルール

①    衣類の数を決める!色・・・・素材、デザインでパターンを決める!!・・・・ 適量を決めずに、どんどん買い足すのが1番効率が悪いです。 似たようなモノ、合わせにくいモノ、色はイエローベースとブルーベースで同じ色でも見た目が違います。 色合わせの失敗は、せっかくのオシャレなデザインやどんなに高級ブランドでも、ダサく見えます。色は並べないと素人には難しいので、購入時にまとめてセット買いもオススメです。ジャケットは3枚、インナーは5枚、などのマイルールを決めて、賢いコーディネートをしましょう。 ハンガーの数で管理するのも楽な手段です。

②    たたみ方を決める!・・・スペースに合わせた幅、高さにする!たたみ方・・・・ たたみ方、並べ方を決めてないと、上に重ねることになり、下にある衣類が取りづらくなります。 重ねることが1番効率が悪く、衣類が傷みやすい収納方法。丁寧にたたみ、立てて並べて、一目瞭然な美しい収納を。ブティックたたみが基本スタイルですが、自宅の引き出し、棚のサイズに合わせて臨機応変に。 中途半端なたたみ方、並べ方は、収納枚数が少なくなります。同じスペースでも、より沢山入りスッキリするココマジック!ちょっとの手間と工夫をして、魔法のような収納をオススメします。

③    なるべく畳まない!・・・ハンガーで乾かし、そのまま収納が楽!・・・・ 丁寧にたたみ、美しい収納は理想です。しかし、現実には仕事、他の家事、趣味等があり時間がない方も沢山いらっしゃるでしょう。
そんな方には、たたまない収納をオススメします。洗濯ごはんハンガーにかけたまま干し、乾いたらそのままクローゼットへ。実は我が家はクローゼットメイン。下着、タオル以外のほとんどがハンガーです。手間が省けてかなり楽。しかも、シワになりにくい。いいことばかり、オススメです。

クローゼットに収納するコツ

指さし棒1ココチェックポイント 
①空間の分類 
クローゼットの中を上中下に3分類します。上段には、軽いモノがベストなので鞄や帽子、小物類を。中段はポールの場合はハンガーを掛けるスペース。奥行きが深い場合は、一番奥へ小物を並べられる棚を入れても便利。下段はそのままでは使いにくいので、収納家具を入れて使います。サイズは奥行き、横幅、高さをしっかりと測り、ジャストサイズで。マンション、戸建てで規格が違う場合も多く、最近の住宅は特に、規格外が増えていますのでサイズが合わないというケースもよく見られます。  
②収納家具の使い分け 
引き出しのチェストの素材、デザインは好みで。木目は中の衣類は見えません。プラスティック製の引き出しは、中が透けて見えるタイプもあります。見えた方が良い場合、半透明や見えないタイプ、好み、入れるモノに合うモノで選びましょう。下着類は表に見えない方が良いので半透明にする、などモノに適した対ピを。見えないタイプの時には、ラベルを貼り、開けなくてもわかるようにすると便利です。
木目、プラステック製で気を付けたいのが、安価なモノはパーツの厚みが薄い事が多く、使ううちに割れたり、ひずむ事もよくあります。枠が割れて引き出しが動かない、ひずむと出し入れしにくくなる事もあります。重ねるタイプの引き出しやフタ付の収納ボックスは、上に重ねて使ううちに下のボックスがひずむ。イチイチ、フタを開けたり閉めたり出し入れがしにくいので、あまりお勧めしません。
買い足しの際に違うモノを購入し、部屋に並べるとサイズバラバラ、デザインちぐはぐ…とならないように、同じメーカーのモノを初めから複数個、購入します。定番商品がある場合は、それを選ぶことがベストです。何年か経って買い足す際に、同じモノがあるようなロングセラーのモノを選びましょう。
③収納方法 
引き出しチェストは深い方が沢山入るように思いますが、深いと高さを効率よく使えないので、注意。引き出しの深さは20センチ前後が、衣類にはピッタリです。衣類は立てて収納すると選びやすく、取り出しやすいです。立てない場合は、上に重ねる事になります。ハンガーに掛ける場合も、引き出しの中の場合も、洗濯後に、右か左かのどちらから入れると決めておけば、着ないモノが反対側に偏るので、衣替えの際に仕分けしやすくなります。ワンシーズンに一度も着てない場合は、翌年も99%着ないのでフリマ、リサイクル等へ。
指さし棒1オマケレシピ「洋服を購入する際のポイント」
同じお店で、専属のスタイリストさんにコーディネートしてもらい、まとめて購入すると失敗が無くなる。衝動買いで一枚一枚増えると、合わせにくくタンスの肥やしが増えます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

KEIKO先生への無料相談

メッセージ本文

keiko先生のココスタイル★住まい、人生、心の整理と奇跡の開運術!

窓を開ける事から開運するHAPPY人生「ココスタイル」な生き方!
窓活、花活、歌活で毎日をより素敵に、美しく、幸せに導きます!
子供も大人も、キラキラ笑顔いっぱい素敵な毎日にしましょう♪♪

田邊 恵子さんのプロフィール写真

↑↑facebookは画像をclick





this is default footer data

関連記事

  1. お掃除サポート お片付けoffice香代 
  2. パソコンの困ったを訪問して解決!! 北九JP
  3.  お片付けoffice香代 は幸せを呼び込むお家づくりのお手伝い…
  4. 60歳以上の方限定! 片付けからはじまる、セカンドライフ プラン…
  5. サービス付き高齢者向け住宅 
  6. 好きな時間に出せて、好きな時間に届く!布団クリーニングの全国宅配…
  7. 震災後何がいつ必要になるのか?
  8. 有機・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス【らでぃっしゅぼーや …

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP