介護の相談

1割負担で出来る介護リフォーム事業者の選び方 介護ぷらす

住宅改修とは?

住宅改修サービスとは、自宅での転倒予防や自立した生活を送りやすくする為、手すりの取付けや段差の解消、便器の取替えなど、住宅内の小規模な改修を行ったときに、その費用の一部を支給するサービスです。

住宅改修ができる業者は、介護保険事業者として福岡県や北九州市からの指定を受けている必要はありませんので、一般のリフォーム会社や建設会社に依頼することが可能です。

支給対象は20万円分までの改修費用となり、一度で全てを使い切る必要はありません。余った金額は次回の改修費用にあてることができますので、その時々に応じた改修を行なえます。

1つの家に2人の要介護者がいる場合は、40万円分までが支給対象となります。また転居した場合や要介護度が3段階上がった場合には、支給限度額がリセットされ、新たに20万円分が支給対象となります。

  
手すりの取付け           段差の解消          洋式トイレへの取替え

住宅改修事業者の選び方

上記にて『どの事業者でも、住宅改修サービスを行なえます』と説明しました。しかし、どこに依頼しても改修の品質・サービスが同じかというのは別問題です。大事なポイントは、その事業者が介護保険の住宅改修をした経験があるかということです。

介護保険の住宅改修は、事務手続きなどがとても煩雑なため、不慣れな事業者に依頼すると必要以上に時間がかかったりします。また申請書類の不備や漏れなどにより、支給対象とならず、事業者と金銭トラブルになる可能性もあります。中には『20万円分の工事しかできないから・・・。』(口に出してはいいませんが。)と嫌そうに依頼を受ける事業者もいます。

大きな工事にしか目が行かない業者は、小さな工事には全く力を入れないのです。基本的にはケアマネージャーが関わりますので、大きなトラブルにはなりませんが、改修箇所の決定や改修日程の段取りで、事業者間に大きな差が生じてしまいます。

次のポイントは、すこやか住宅改造助成事業の登録業者となっているかという点です。これは必須条件ではありませんが、登録業者になっていないと次のような工事をお願いできません。

① 介護保険の対象となる工事で支給限度額20万円を越える部分(助成限度額は30万円)。
② 上記項目以外の、玄関、廊下、階段、洗面所、浴室、便所、台所、居室など、介護を必要とする人が利用する部分に関する改造工事で、市が認めるもの。

ただし、この助成は要介護・要支援の認定を受けた人が居住する世帯で、生計中心者の前年所得税額が7万円以下の世帯となります。

すこやか住宅改造助成事業の施工業者として登録するためには、NPO法人北九州市すこやか住宅推進協議会(以下「すこ協」)の会員となり、年に1度、北九州市とすこ協が開催する「新規登録研修会」を受講し登録しなければなりません。この研修会は、例年4月に行われ、研修会の参加には受講料が必要です。ですから登録業者になるということは、少なくとも高齢者を対象とした住宅改修の正しい知識や技術の習得に努める事業者であると言えます。

●ご近所の介護施設情報をご覧になりたい方はこちら↓↓
ここまでやるか??突撃『介護の施設におジャマしま~す!』

・・・とは言われても???の方はまずはご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

無料介護相談

メッセージ本文

介護ぷらすlogo



this is default footer data

関連記事

  1. 税理士ー小倉南区
  2. 介護付き有料老人ホーム_門司
  3. 税理士ー戸畑区
  4. 「治療で改善できる認知症・iNPH」張 家正先生インタビュー
  5. ハウスクリーニングー小倉北区
  6. (研修報告)指導者のための認知症予防運動プログラム研修
  7. 人間ドックについて考える
  8. 住宅型有料老人ホームとは

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP