お金の情報

保険のプロのお話し 【ガン保険について①】姉川英邦

 
 
【ガン保険について①】
いつも私のページをご覧頂きありがとうございます!
保険のプロ姉川です^-^
今回の情報提供も自信をもってお届けいたします♪
今回は、今一番保険のご相談で多いものを取り上げたいと思います。
ちなみに・・・今一番多い保険の相談って何だと思いますか??
より身近にテレビを通じて不安に感じること。
そう!「ガン」(悪性新生物)に関してです。
私たちも同じようにビックリ致しましたが、某歌舞伎役者の奥様。。
進行性のガンのようです。。
そういったテレビからの情報も、実際に身近におきた影響もあり、ガン保険に関する相談
をお受けすることが多くなりました。
どんなやり取りをしているのかを本当は実況中継したいぐらいですが。
少しでも伝わればと思い、文字におこしたいと思います。
実は!!
ガン保険といってもほんとに色々とありまして、お客様の今現在の加入の「証券分析」を
しないと本当のところはわかりませんが、
“がん保険”は、他の保険商品と大きく違う部分があります。
それは、
「昔の商品」と「今の商品」では全然違うということです。
また、他の保険商品と違って商品のバリエーションも多く、どれを選べばいいか非常にわ
かりにくいんです。
そこで今回は、ガン保険を選ぶ際に、もしくはそれを見直す際に、是非とも知っておいて
ほしいポイントを二つに絞ってお伝えしたいと思います。
1 昔加入したガン保険の落とし穴。
一番の問題点は、昔のガンと今のガンでは治療そのものに大きく変化があることです。
つまり、現在のガン治療に対応しきれない場合があるんです。
相談の場面の会話の中に、
新しいガン保険のご提案をさせていただきます!と言うと、もうガン保険には加入してい
ますよと。
“ガン保険にはずっと前から加入していてそれで万全に備えているから大丈夫ですよ!”
と言われます。
ほとんどの方からこんな声が聞こえてきます。
だからこそ、より安心を手に入れるためにも是非私の話を聞いてくださいとお伝えします
是非今ご加入のガン保険の保障内容を一緒に確認してみましょう!!と。
具体的に注意すべきは次の2点です。
まず! 現在のガン治療に目を向けた場合・・
昔のガン保険というのは、入院と手術をメインに商品化されていました。
ガンといえば、手術をして長い闘病入院をして・・と想像する方も多いかと思います。
ガンになれば長期の入院が必要で、手術を受けることが当たり前(だった。。)
しかし!!
皆さんもご存知のとおり、ここ数年のガンに関する医学の進歩により、
最近では、抗がん剤治療や放射線治療といった「化学療法」の割合が非常に高くなり、中
には、入院も手術もせずに通院して治療をするケースが昔よりも多くなっている現状です
入院が必要になるケースでも、その期間が非常に短くなってきています。
(H26の診療報酬改正によるもの)
以前のガン保険のように、このような背景も含めて、入院日額がいくら?手術したらいく
ら? ~というガン保険は今ではもう対応できないのかもしれませんね!
新しいガン保険というのは、「ガン診断給付金」といいまして、ガンと診断されたら診断
一時金として100万円を支給しますよ。というもの。
これであれば、ガン治療の変化に伴っていろんな使い道ができます。
私のお仕事はファイナンシャルプランナーではありますが、保険という商品を通じて多種
多様な問題解決をすることが本質です。ガン保険もしかりです!^-^
(・・書ききれない部分は次回に!^^)
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

保険のプロに相談 姉川

メッセージ本文



関連記事

  1. 保険のプロのお話し 【女性の活躍を妨げるものとは?(前半)】ファ…
  2. 保険のプロのお話し 【相続に必要な知識!】ファイナンシャルプラン…
  3. 保険のプロのおはなし 「相続税が払えない!」…… そんな事態にな…
  4. 保険のプロのおはなし <がんについて ~知識編~> 中村一直
  5. プロが教える保険のお話し  <医療保険の落とし穴/第4弾> 猶塚…
  6. お金に関する質問です! 相続税が上がると聞きましたが、どのくらい…
  7. 保険のプロのお話し 【今後の問題提起と共有したいこと Part2…
  8. おとなNEWS 医療費の負担増!!   ファイナンシャルプランナ…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP