お金の情報

おとなNEWS 医療費の負担増!!   ファイナンシャルプランナー 姉川英邦

本日(2016年9月14日)Yahoo!ニュースでも取り上げられてました衝撃の数字!

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6214366

『40兆円突破!』

なんの数字でしょうか?

厚生労働省が発表した“国民全体の医療費の総額”です。

 

前年よりも1.5兆円増えたことでついに40兆円を突破するニュースが話題になっております。(ちなみにこちらの指標で13年連続で過去最高を更新している状態です)

 

ちなみに、今の国の税収はいくらでしょうか?→40兆円。

つまり、国民からの税収と、国民の医療費の総額がほぼ同じという異常事態です。

(※この日本という国を一年間動かすのに必要な国家予算はいくらでしょう? そしてその差額はいったい誰がどのように負担しているのでしょう?そう考えると国の経済に関して他人事ではいられなくなりますね・・。)

内訳も発表されてましたので、

○入院・・・16兆円

○通院・・・14兆円

○調剤・・・ 8兆円

高齢化の進展と、高額の薬剤の使用頻度が増えたことが大きな要因につながっている様子です。

抗がん剤の治療、肝炎の高額薬剤などが想像できます。

過去をみてみると、

私がまだ学生の頃は1割負担だったと記憶しておりますが、2003年(今からたった13年前)から3割負担になり、原則70歳以上が2割、75歳以上が1割負担と・・だんだん負担割合も対象年齢も国民に対して厳しい選択をせまる変化ですね!

今日発表になりました冒頭の40兆円!これから益々増えることが確実な中、果たして医療費窓口負担もこのまま推移していくでしょうか?

三割負担がまず4割負担になるのは簡単に想像がつきますし、70歳以上の負担も3割に、75歳以上の窓口負担の割合を1割から引き上げる議論も実際におこっております。

↓↓↓

高齢者の医療費負担、引き上げを議論

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160831-OYTET50016/

こういう時代背景、制度変更の折、

ご自身の医療保険、チェックする必要がありそうですね!

~私はファイナンシャルプランナーとしてこんなこんなメニューを用意しております~

  • 病気(特に大病【ガン・脳梗塞・心筋梗塞】)をしたらお金がかかる事が心配な人に対して、安心して生活・仕事していけるような事前の保険対策の準備のお手伝いをしております。
  • 自分に万が一(死)があったら、悲しませたくない人がいる人に対して、遺族に経済的負担をかけないよう対策のお手伝いをしております。
  • 【家】家計 or 【会社】法人の経費削減を熱望している人(社長)に対して、数百万単位の無駄を省くアドバイスを提供しております。
  • 将来の経済的な不安を持っている人に対して、より豊かな人生を実現する為の貯蓄(年金)ができる方法を教えます!

  「今、必要ですか?」

関連記事

  1. 保険のプロのお話し 【今後の問題提起と共有したいこと ファイ…
  2. お金が人生のすべてではないという連中に限って、いつまでもお金がた…
  3. お金と保険のプロに聞く   中村 一直さん
  4. お金と保険のプロに聞く  小井手 美奈子さん (コイデ ミナコ)…
  5. お金と保険のプロに聞く  猶塚 智明さん
  6. ファイナンシャルプランナーのお話  小井手美奈子

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP