お金の情報

保険のプロのおはなし 「これからの時代、自助努力は必須!!」 小井手 美奈子

これからの時代、自助努力は必須!!

私は、55歳です。

まだまだ、元気にばりばり働く気ではいますが、やっぱり老後は不安です。

はたして、年金をいただける歳まで病気をせずに働けるのか、年金生活に突入後の生活はどうなのか?

50歳を過ぎて、そんな会話が増えました。  考えれば、きりがありません。

私達が、若い頃、親の世代の年金は、そこそこありました。

私は、銀行の窓口に座っていましたので、年金支給日に年金を下ろしに来られる、おじいちゃん、おばあちゃんが「ありがと う」って、うれしそうに帰られた姿を思いだします。

勿論、通帳に記載された、金額も、今とは違います。

基礎年金制度が導入された1986年の改正により、公的年金の給付水準が、大きく引き下げられました。

 

例えば、厚生年金に40年間加入し、その間の平均月収が35万あったとすると、引き下げ前の人の老齢年金の年金額は、月額24,7万ほど。一方、引き下げ後の乗率が適用される人は、月額16,5万程度です。

老後、公的年金だけで 生活できたのは、うんと昔の話です!

現在の年金額でも、それだけで生活していくのは、難しい水準です。

これが、今後、マクロ経済スライドによって、目減りしていくのです。

マクロ経済スライドとは。

 

公的年金の給付水準は、平均手取り賃金の何%にあたるかの比率で、従来60%とされていました。

賃金上昇に応じて年金額が引き上げられれば、給付水準は維持されます。マクロ経済スライドは、この引き上げを抑制することにより、給付水準を引き下げる仕組みです。

少子高齢化などもあり、今後、給付水準は50%程度まで引き下げられることが予想されます。

年金額が、減るわけではありません。ただ、賃金を基準にすると年金の価値が、2割程度、目減りすることになります。

さらに、もうひとつ。

長い間、デフレが続きましたが、仮に、今後、物価が上昇し、インフレに向かうとますます、マイナスの影響が加わることになります。

ひと昔前!

老後を、より豊かに暮らす為、個人年金や貯蓄などの自助努力をしていたと思うのですが、今では、生活の不足分を補う為に変わり、さらに、今後は、生活そのものの為に必要なのではないでしょうか?

10年後、20年後の自分の姿を見据えた自助努力は、現時点において必須だと言えます!

先送りせずに、今、考えてみてください!!

一度メールでご相談くださいませ。 詳しくご説明いたします。
 
 
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

保険のプロに相談 小井手

メッセージ本文

送信中 ...

 

koide小井手 美奈子さんプロフィール

記事一覧

            



this is default footer data

関連記事

  1. 特集 目からウロコのお金と保険  フィナンシャルプランナー軍団が…
  2. 保険のプロのおはなし <がんについて ~知識編~> 中村一直
  3. 保険のプロのおはなし <相続について ~相続放棄編~> 飛永 昭…
  4. 遺言状  遺恨を残さないためにぜひ考えてみましょう
  5. お金と保険のプロに聞く  堀川 真宏さん(ほりかわ まさひろ)
  6. 保険のプロのおはなし <保険ってほんとに必要ですか?>   姉川…
  7. 保険のプロのお話し 【相続に必要な知識!】ファイナンシャルプラン…
  8. 保険のプロのお話し 【ガン保険について①】姉川英邦

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP