お金の情報

保険のプロのお話し 【今後の問題提起と共有したいこと Part2】ファイナンシャルプランナー 姉川英邦

 

 
【今後の問題提起と共有したいこと Part2】
 
→ 前回のつづき・・前回の記事はこちらから!
 
 
いつもページのお立ち寄りありがとうございます^-^
 
今回は前回の続きとしまして④家計の見直し です。
 
 
「見直し」というワードで以前にも記事を書いておりますが、家計の見直しの中でも、番短時間で、面倒がなくて、選択する必要があまりない、とっておきの技術をお伝えしたいと思います。
 
 
家計の中で占める支出の割合を調べた際、どういったものが挙げられるでしょうか。
 
 
一般家庭のほとんどが、買い物の金額と照らし合わせて『 家(ローン返済・賃貸マンション家賃)、食費、車(ローン・キャッシュ含む)、教育費、水道光熱費、通信費、おこづかい含む雑費、そして保険 』 ~家庭環境にもよりますが、このあたりがベスト8に入るかと思います。
 
 
この中で、どうしても削れないもの・部分が確かにあります。
切り詰めようもないところです。
 
 
しかし、ファイナンシャルプランナーの立場から『保険』に関してはほぼ削減対象にありますし、なにより一番短時間で効率的に保険料を見直しすることによって、すごい人はトータル2000万円~少なくとも車1台分ぐらいは余裕で見直しをすることができます。
 
 
例えば・・タバコを吸ってない人!というだけで、2割~3割の保険料削減も実現できます。(他にも多数あり)
 
 
わたしも色々なご家庭や個人、法人問わず多くの家計の見直しにお手伝いいたしましたが、ほとんどのご家庭が、例えるなら・・・洋服で言うと本来「Mサイズ」であるのに、加入している保険(ここでは特に生命保険)が「Lサイズ」であることが多いです。
 
 
ここに世界でもNo1の保険大国たる由縁があります。
 
日本人は保険が大好きです。その普及率は92%だと言われています。
携帯電話の普及率と同じです。
なおかつ、その死亡保障の保険金額は3000万円といわれています。
私の経験上、ご自身の保険に詳しい人はほとんど出会ったことはありません。
よく分からないものに30年以上もお金を払い続けながらなんとなく不安を感じています。
 
ここで更に問題の提起です。
上で挙げた働き盛りの保険の加入者の死亡保険金、平均3000万円と。
しかしながら、実際に一生涯で保険金を受け取る平均額は実に300万円といわれています。
 
ん?? 3000万円払って300万円しかもらえない??
 
どうしちゃったんですかね?
 
ここに生命保険のカラクリがあります。
 
基本的な「保険の仕組み」が理解されぬままに加入している方が非常に多い問題です。
適正なサイズである(と思っている)はずの自分の保険が、実はすごく無駄の多いものだったらいかがでしょうか?
 
最優先で経費削減の対象に“生命保険の見直し”もご検討いただけたらと思います!
誰に頼むかも重要です!(更に高額の保険をすすめられる可能性もありますからね!)
劇的に家計の負担を減らすアイデアの一つとしてご検討してみてください★
 
 
ファイナンシャルプランナー 姉川英邦

姉川

姉川英邦 記事一覧

記事一覧

プロフィール姉川英邦さん

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

保険のプロに相談 姉川

メッセージ本文

送信中 ...送信中 ...送信中 ...送信中 ...送信中 ...


 
ファイナンシャルプランナー 姉川英邦
080-7086-5182
メール:anegawahidekuni@gmail.com
 


this is default footer data

関連記事

  1. お金と保険のプロに聞く   中村 一直さん
  2. お金に関する質問です! 相続税が上がると聞きましたが、どのくらい…
  3. 連載が始まります!  初めまして。ファイナンシャルプランナー 片…
  4. 保険のプロのおはなし  <介護について ~対策編~>姉川英邦2
  5. 保険のプロのおはなし <相続について ~相続放棄編~> 飛永 昭…
  6. 保険のプロのお話し 【生命保険の見直しって?①】姉川英邦
  7. プロが教える保険のお話し  <誰でも入れる=保険料は高い> 猶塚…
  8. お金と保険のプロに聞く  堀川 真宏さん(ほりかわ まさひろ)

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP