イベント情報

【11月11、29日。介護離職を防ぐためのセミナー開催】  株式会社ブレインネットワーク/介護ぷらす 代表 山川  仁

※この勉強会では介護保険を活用するための講義だけでなく、
介護が必要にならない方法も学べる会です。

2000年に介護保険制度が施行されて
15年以上が経過しました。

しかしながら、親の介護が理由で仕事を辞めてしまう人は
一向に減っていません。
(添付画像「平成24年就業構造基本調査の概要」参照)

老人ホームも年々増え続け、
在宅の介護サービスも充実しているのに、
なぜ仕事を辞める人は減っていないのでしょうか?

なぜなら、親が介護サービスの利用を拒否することにより、
介護の問題が解決しないケースがあるからです。

介護の現場では病気(脳梗塞や認知症)の
症状に目が行きますが、
実際は「親と子供の人間関係のもつれ」が
介護の問題を複雑にしています。

親子関係が良好な場合は、
介護サービスを利用することで
ほとんどの問題は解決します。

しかし、この関係が良好でなかった場合は、
介護サービスを利用することすらできないことがあります。

そうなると、家族が親の介護を
全面的に背負わなければなりません。

こうしたことから、だんだんと
仕事が続けられない状況になり
退職へとつながります。

そうならないために重要なことは、
親の介護が必要になる前の対策です。

介護が必要になったときに、
初めて親子の人間関係を
改善していくのは大変難しくなります。

そのため、親が元気なときから
人間関係を良好にしておくことが大切です。

そこで大事なポイントは、
「親が子供のアドバイスを信頼する」という状況を
普段から作っておくということです。

例えば、自宅に閉じこもり気味の父親に
「デイサービスの利用」を勧めてみる。

また、毎日の食事の確保が困難になってきた母親に
「サービス付き高齢者向け住宅の入所」を勧めてみる。

こうしたアドバイスをしたときに
親がきちんと耳を傾けてくれる状況を
作っておくことが大切です。

団塊の世代が後期高齢者に達することによって、
社会保障費が急増する2025年問題。

「介護保険サービスの自己負担割合を引き上げる」
「軽度者に対する福祉用具貸与を全額自己負担にする」
「要介護1,2の人向けの生活援助(掃除等)を介護保険から外す」

など、国は財政健全化のため社会保障費を
抑制しようと検討しています。

そのため、今後ますます介護認定の低い人(要支援の方等)は、
介護サービスが利用できなくなります。

この勉強会は、
「親の介護と仕事を両立する職場環境を整えていきたい」
と考えている企業人事・労務担当者を
対象とした内容になっています。

開催日時は11月11日(金)、29日(火)13:30~16:00の間。

【セミナー詳細】
主 催:株式会社ブレインネットワーク

(第1部 13時30分~14時50分)
社会保険労務士・行政書士中島事務所 代表 中島 一吉 氏
テーマ:平成28年度「介護離職ゼロをめざす」

(第2部 14時50分~15時40分)
介護ぷらす 代表 山川  仁
テーマ:介護離職しないための「仕事と介護の両立の仕方」

会場は博多バスターミナル(福岡市博多区博多駅中央街2番1号)9階 第6ホール。

定員は20名(1社2名まで)。

参加費は初めての開催のため、
無料にしています。

ご興味のある方は、直接山川まで
メッセージやお電話をいただければ
セミナーの資料をお送りします。

皆様のご参加お待ちしております(^^)

もっと見る

自動代替テキストはありません。


this is default footer data

関連記事

  1. 居宅介護支援事業所  門司区
  2. デイケア_北九州
  3. 「開運 なんでも鑑定団 『出張!なんでも鑑定団in北九州』」のご…
  4. 社会保険労務士ー北九州市
  5. ケアマネージャーを選ぶ
  6. 5月のアサノパティオLiveのご紹介です。 大内義昭ミュージック…
  7. 整骨院ー小倉南区
  8. どんぐりで緑豊かな地域継承  若松市民センター

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP