いいっちゃclub北九州

連載 映像を考える<4Kってなんだ、4Kテレビは今が買いか?> Part3 皆野英蔵

皆野英蔵の映像お役立ち情報

こんにちは、皆野英蔵です。

今回は最初にお約束していました、映像に関するお役立ち情報です。

最近新聞の折り込み広告や、電化製品のお店で良く目にする「4K」や「4Kテレビ」ですが、4Kとは何か、これは今買いかどうかについても、やさしく解説させていただきます。

ちまたでは、売らんがための映像機器メーカーやテレビメーカーの陰謀ではないかとの指摘もあります。

メーカーとしては、どんどん新規格や新商品を売り出して、次から次に買い替えてもらいたいと考えていることは明白です。

要はお金を出して買い替えても、皆さまに相応のメリットがあるかどうか、皆さまが満足 できるかどうかだと思います。

まずはこれを機会に、テレビの歴史から見ていきましょう。

%e5%88%9d%e6%9c%9f%e7%99%bd%e9%bb%92%ef%bd%94%ef%bd%96

1897年 ブラウン管が発明される。

1927年 テレビなるものが出現する。

1934年 ドイツでテレビ放送が始まる。

1953年 日本で白黒テレビの放送が始まる。シャープ国産第一号テレビ発売

価格はなんと175,000円(当時としては破格の値段でした)

当時の大卒初任給は7、650円です。

1955年 皆野英蔵生まれる。(関係ありませんね、失礼しました)

1960年 カラー本格放送始まる。 白黒テレビだけの時代って思った以上に短かった

のですね。東芝製カラーテレビの初期価格は、な・な・なんと52万円

当時の大卒初任給が1万数千円だった時代です。

ただ衝撃的なできごとだったと思います。

1964年 東京オリンピック 残念ながら私は白黒テレビで見ました。

1967年 パナカラーやトリニトロン方式が開発され、だんだん画質も良くなってくる

と同時に、価格も下がり家庭に普及してきました。(当時は3Cの時代です)

%e5%88%9d%e6%9c%9f%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bd%94%ef%bd%96

ちなみに3Cとは Car、Colorテレビ、Coolerです。

1984年 アナログハイビジョン放送始まる。

1990年 BS(衛星放送)始まる。

2003年 地上波デジタル放送(地デジ)始まる。 いよいよアナログ放送に別れを告

げ、デジタル放送の時代となりました。 初期は大画面が得意のプラズマの

価格が40型で40~50万円でした。 当時はプラズマテレビと液晶テレ

ビが競い合いましたがプラズマテレビは消えいきました。私もいよいよデジ

タルテレビしか見られなくなる時に、液晶テレビ「2K」フルハイビジョン

を購入しました。価格は42型で8万円台でしたが、映像の美しさに感動し

た記憶があります。ただ価格の低下は半端ではありませんね。

2011年 4Kテレビが発売される。 価格はシャープの50型で262万円とこれも

またびっくりポンな価格でした。

このように、最初のテレビ放送の開始から、70~80年程度ですが大変な進化をとげ

、もう途方もなく画面は美しくなっています。

それでは続いて、ハイビジョンとか4Kとかいう見た目の美しさ(画質)についてもご説

明しましょう。

%e8%96%84%e5%9e%8b%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%ef%bd%94%ef%bd%96

説明を簡単にするために、アナログテレビは除いて、デジタルテレビだけで説明します。

まず画面の美しさは、解像度と言われる画素数で決まります。

虫眼鏡で画面を拡大してよく見ますと、色のついた小さな点で構成されています。

これを画素(ピクセル)と言います。

写真や点描画なども同じですね。

この画素の数が多い方が綺麗に見えることは、皆さんも容易に想像できると思います。

この画素が画面の横方向に約1000個並んでいるものがハイビジョン「1K」と呼びます。

「K」とは1000倍と言う意味で、1gに対して1000gが1Kg、1mに対して

1000mが1Kmと同じですね。

また画素が画面の横方向に約2000個ならんだものが、「2K」です。

一般的にフルハイビジョンと呼ばれていて、現在放送されている視覚的情報です。

言い換えれば、今はフルハイビジョンの時代なのですね。

4k%ef%bd%94%ef%bd%96

そうすると「4K」と呼ばれて今まさに売り出し中のものは、想像できましたか?

そうです画素が画面の横方向に約4000個並んだ視覚的情報です。

一般的にウルトラハイビジョンと言われています。

ただまだ4Kの放送は専門チャンネルくらいしか放送されていませんので、4Kテレビの

性能を余すところなく引き出せる状況にはありません。

さらに画面を美しくするために、「8K」なるテレビも動き始めています。

画素が画面の横方向に約8000個並んだ視覚的情報です。

一般的には、スーパーハイビジョンと呼ばれています。

ウルトラマンよりスーパーマンが上だったのですね。

知りませんでした。

まだ「8K」は展示会レベルでの話ですが、技術の進歩は早いので、「4K」が直ぐに過

去のものになってしまうのではないかと、購入を躊躇する方も多いようです。

いかがでしたか?

だいたいご理解いただけたでしょうか。

%e9%9b%bb%e6%b0%97%e5%ba%97-1

次回は、Part2として、消費者の側にたったお役立ち情報をお届けします。

また次回をお楽しみに! 皆野英蔵でした。



関連記事

  1. 沖縄・宮古島諸島に残るウタ。唄い継ぐ人々の深淵なるドキュメント。…
  2. 認知症は十分に予防できるのです   元気人
  3. JR城野駅近くのおでん屋「でんでん」のラーメンサラダ550円(ラ…
  4. お片付けプランニング制作致します。  お片付けoffice香代
  5. 連載 訪酒の記 No.1  酉年にちなんで! EMI スタートし…
  6. 保険のプロのお話し ファイナンシャルプランナー 姉川英邦さんから…
  7. 映像って?~遺影について考えてみる ②   皆野英蔵 
  8. 年末年始の救急医療体制に関するお知らせ  北九州市

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP