お金の情報

ファイナンシャルプランナーのお得なお話 生命保険を活用した相続対策 小井手美奈子   

年末です!!  皆さん、風邪をひいていませんか?

私は、やっと、復活しました。今回の風邪は、長かったです。我慢出来ないほどの、喉の痛みが4日くらい続き、病院で抗生物質を点滴してもらって、痛みが和らいでからも、声が出ない、熱、鼻水と、回復するのに2週間くらいかかりました。

風邪は治ったんですが、実は11月末に、こけて、膝を骨折していて、足も、不便な日々を送っています。

 

保険に加入されてる方、特定損傷という特約はつけていますか?

つけていた方がよいですよ。

私も必要ないかなと、つけていなかったんですが、月々何百円かで、入院などしなくても、10万出ます。怪我をすると、タクシーを利用したり結構、出費がかさむので、つけておけばよかったなと、思いました。

今日は、生命保険を活用した相続対策の話を少ししたいと思います。

 

これから、年末年始と、ご家族が集まる機会も多いかと思いますが、気になられる方は、この機会に、ご家族と話合われてみては、いかがですか?

平成27年に相続税の改正があったのは、ご存知ですか?

基礎控除額の引き下げです。

平成26年までは、相続税の非課税枠である基礎控除額が

「5000万+1000万×法定相続人の数」でしたが、平成27年から

「3000万+600万×法定相続人の数」に減額されました。

なんと、平成27年1月以降、相続税を払う人が2,1倍になりました。

相続税の対象となるのは、金融資産だけでなく、不動産や貴金属、骨董品なども、含まれます。   人事ではありません!

 

そこで、生命保険を活用した相続対策をお話します。

デメリット ×

生命保険は契約者と被保険者、受取人が異なると、死亡保険金にかかる税金が違ってくるので、契約には、細心の注意が必要となるところだと思います。

 

メリット  

1.「非課税枠の活用」です。

生命保険の死亡保険金は、相続税の対象ですが、「500万×法定相続人の数」

だけ、非課税扱いです。

たとえば、妻と子供3人だと、非課税枠は2000万「500万×4人」とな

り、相続対象から2000万を差し引くことができます。

2.遺したい人に確実にお金を渡せます。「お金に名前をつけてのこすことが出来ま

す」これが、保険にしか出来ないことですね。

3.すぐに、現金化できます。

万が一があった時、死亡保険金は、受取人の固有の財産となります。

以上が、メリット、デメリットです。

「自分が亡くなった時」に、家族にお金を残すという目的において、生命保険を超えるものは、他に存在しないと思っています。

生命保険は、大きな相続対策のひとつであり、かつ、遺言書と同じ、「家族への最後のラブレター」だと、思います。

生命保険には、生命保険にしかできないことがいくつかあります。

代表的なものとして、「払い込み期間中」に契約者(被保)が死亡した場合は、保険料の払い込みは終了するという特徴があります。

これが、生命保険でしかできない生命保険の大きな力です。

月々、2万、3万でも、大きな財産を遺せます。

ご家族が大切と思われたら、生命保険を活用した相続対策を考えてみてください。

そのひと、そのひとなりの相続があります。

お気軽にご相談ください。

心より、お待ちしています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

保険のプロに相談 小井手

メッセージ本文

送信中 ...

koide

 

小井手 美奈子さんプロフィール

記事一覧

 



this is default footer data

関連記事

  1. 保険のプロのお話し 【ガン保険について①】姉川英邦
  2. プロが教える保険のお話し  <医療保険の落とし穴>猶塚 智明
  3. 保険のプロのおはなし <がんについて ~知識編~> 中村一直
  4. お金と保険のプロに聞く  小井手 美奈子さん (コイデ ミナコ)…
  5. 保険のプロのお話し 【ガンについて語ろう(後半)】 ファイナ…
  6. 保険のプロのおはなし <相続について ~知識編~>   飛永 昭…
  7. 保険のプロのおはなし 「これからの時代、自助努力は必須!!」 小…
  8. 保険のプロのおはなし <保険の基礎について ~生命保険と損害保険…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP