健康情報ナビ

体温が下がると免疫力が低下する!  スマイル総合研究所

50年前に比べ、今の日本人の体温は平均で0.7度下がっています。

では、なぜ下がっているのでしょう?

いろいろな意見や見解があるようですが、私は食生活、とくに添加物まみれの生活が原因だと
思っています。

理由は、50年前にはなかった添加物が今はたくさんあります。

スーパーやコンビニは添加物のデパートです。

体温が下がると免疫力が低下することは良く知られるところですが、免疫力が低下すると
添加物の解毒も弱まってしまいます。

添加物が体内に入ると、免疫細胞は異物と見なして活性酸素で退治しようとします。

活性酸素が出すぎると、その周りの細胞も傷つけてしまいます。

添加物が体内に残っていればいるほど、活性酸素が増え、正常な細胞を弱らせてしまいます。

だから、昨今ではデトックス(解毒)が盛んになりました。

細胞が弱れば免疫細胞も弱ってしまいます。
つまり悪循環に陥ります。

戦後、3大疾病のうち、増えているのは悪性
新生物(がん)のみです。

 

(厚労省発表の平成23年人口動態統計月報年計より)

心疾患、脳疾患は減っています。

私は、低体温・添加物・がんは密接に関わっていると思っています。

自分や家族の健康はあなた自身が決める時代です。
取捨選択は自己裁量に委ねられています。

健康な人の平熱は36.5度~37度です。

あなたの平熱はこの間ですか?

調べる場合は、平均の平熱を測る必要があります。
3日間、朝・昼・晩の平熱を測って、平均を割り出して下さい。

平熱が低くても悲観する必要はありません。

低ければ上げればいいだけです。

 

熱を全身に送っているのは血液です。
身体に必要な栄養や酸素を送り、不要なものを持ち帰るのが血液の役割ですが、一緒に熱を運んでいます。

足湯をして全身が温まったり、うなじに熱いおしぼりを置いておくと身体が温まるのも血液が熱を全身に運ぶからです。

健康なあなたでも毎日5000個はがん細胞ができています。
でも、がんにならないのは免疫システムが正常に働いているからです。

体温が下がるとこの免疫システムが正常に働かなくなってしまいます。

免疫力が30%低下すれば、1日に1500個近くのがん細胞が、免疫システムから見逃されて増殖していく
可能性があると言われています。

体温を上げるには、前回お話しした毛細血管増やす(復活させる)必要があります。

熱を全身に送っている血液を体のすみずみまで送らなければなりません。
それに欠かせないのが毛細血管です。

前回と重複してしますが、毛細血管を増やす(復活させる)には血液を送り出しているポンプであるふくらはぎを鍛える必要があります。

毛細血管が増える(復活する)ことにより、今まで届かなかった場所にも熱や栄養が届くことになります。

ふくらはぎを鍛える方法はいろいろありますが、おすすめは朝・昼・晩のスキップ20回です。
(ふくらはぎに意識を集中して手足をしっかり上げて行います)

 

もちろん、ウォーキングやジョギングなども効果的ですが、この時期寒いですので、家の中で手軽にできることが長続きしやすいと
思います。(私自身に言い聞かせている言い訳?)

運動不足の方はいきなり始めると私のように2日後に筋肉痛になりますよ。

私の最初の疑問は、なぜ体温は37度前後なのだろう?でした。

30度でもなく、40度でもなく37度前後です。

このなぞは現在解明されていません。

解明できればノーベル賞は間違いないでしょう。

しかし、現在わかっていることがあります。

37度前後だと健康でいられることです。
免疫力も高く、病気になりません。

だからこの温度帯に落ち着いたのではないでしょうか。



関連記事

  1. 春です!  花粉症の季節です。おすすめ花粉症GOODSと花粉情報…
  2. 秋のおすすめレシピ (提供)コアソリューションズ
  3. 高齢者のためのレクテキスト―グラファージ
  4. 禁煙:元気人 今日からできる認知症予防:禁煙
  5. 人間ドックについて考える
  6. お金と保険のプロに聞く  小井手 美奈子さん (コイデ ミナコ)…
  7. 予防美容専門サロン  heart’s
  8. 予防医学の視点からクリニックと連携した黒崎メディカルフィットネス…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP