おとなNEWS

シニアの3割が「元気なうちに相続の段取りを」と回答   おとなニュース

「人生の満足度に関する調査 2015」を実施し、「元気なうちに是非これはやっておきたい・やってみたいと思うこと」として60代・70代男性の男性の29%が、女性の34%が「相続や遺品整理の段取りをしておく」と回答したと発表しました。

同調査において「元気なうちに是非これはやっておきたい・やってみたいと思うこと」という質問に対して、「お世話になった人に感謝の気持ちを伝える」と答えたシニアは男性34.5%、女性38.5%と最も多い結果となりました。続いて「相続や遺品整理の段取りをしておく」と答えたシニアが男性29%、女性34%となり、「自分のお葬式・お墓の手配をしておく」と答えたシニアが男性19.5%、女性21.5%でした。近年「終活」という言葉が一般化してきたように、シニアにとって終活意識が高まってきていると言えます。


一方、「働ける限り働く」と答えたシニアも男性27%、女性21.5%や、「1番打ち込んでいる趣味を極める」と答えたシニアが男性26%、女性22.5%という結果となっていて、定年退職=引退という概念が無くなりつつあり、シニアも新たなステージで仕事をしながら趣味を楽しむといったようにライフスタイルが変わりつつあるようです。

 

シニアの健康不安を技術進化で見守る時代に
本調査では、最近様々な機器やサービスが出てきている「家庭用見守りシステムを利用したいか」という調査結果も出ています。

シニアの51%が見守りシステムを利用してみたいと回答
60代・70代シニアの51%が家庭用見守りシステムを利用したいと回答したことから、自身の老化による安全面の不安への対策が求められている事が分かります。
また、同じ質問に対して50代は64.3%が利用したいと回答しており、高齢になった親への不安も高まっている事が分かりました。

 

とはいえ・・・・・

どうすれば良いのか?

誰に相談すればよいのか?

 

いつかはと考えながら一歩が踏み出せないあなたへ朗報!

おとなナビのファイナンシャルプランナーに無料相談が可能です。

まずはお問い合わせを!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

無料保険相談

メッセージ本文

姉川 英邦さん

小井手 美奈子さん

猶塚 智明さん



this is default footer data

関連記事

  1. 平成29年度後期「北九州市民カレッジ」講座のご案内
  2. 門司区猿喰産米「吟のさと」を原料として、八幡東区の溝上酒造で加工…
  3. 桜満開の北九州・週末の日和が心配ですね
  4. 【映画とファイナンシャルプランナー】 ファイナンシャルプラ…
  5. 佐賀県佐賀市の古湯温泉でお一人様1万円4泊5日プチ湯治モニター募…
  6. カフェイン摂取が認知症治療に役立つ可能性(インディアナ大学)
  7. 「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、家族をつなぐコミュニ…
  8. 製造業で働く良さを伝える「ゲンバ男子」の広報動画を配信しました!…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP