いいっちゃclub北九州

温泉ソムリエ えのちゃん先生の温泉の基礎知識③ 榎本美江 

日頃のストレスから解放されたいとき

どこかへ出かけたくなる

これは、ある意味、現実から離れたい

そう思う人間の心理です

そこに、温泉という『アイテム』が加わることで

ゆったりと体も心も温まり

心身ともに元気を取り戻していくのです

 

温泉のうたい文句の一つに『美肌の湯』というのがあります

女性なら、まず、心惹かれるフレーズではないでしょうか

『美肌の湯』の定義は、、一概には言えませんが

その要素の一つが『アルカリ性』

別名『クレンジングの湯』とも言ったりします

 

人の皮膚は弱酸性です

アルカリ性の湯に浸かると、一体どうなるのでしょうか?

 

こんな経験ありませんか?

 

見た目は、普通のお湯で、無色透明だったりするのに

湯の中で手足を伸ばすと

つるつるヌルヌルするとか

浴場のタタキで滑りそうになる、とか

 

これは、温泉の成分によって

肌の角質が溶かされるからです

クレンジングの湯の由来は、ここからきています

高価な化粧品を購入して

必死に角質を落とした経験、ありませんか?

そんなことをしなくても

温泉に浸かるだけで、角質が溶けて行くのです

どうですか?

夢のようでしょう?

温泉場の女性の肌が綺麗なのは

まさに、ここに起因します

 

ただし、落とし穴もあります

 

肌がつるつるしているのは、湯の中にいる間だけ

肌の角質が落ちるということは

衣服を身に着けずに素っ裸でいるのと同じことなんです

裸でいれば、風邪をひきますよね

つまり、むき出しになった肌は

そのままでは、乾燥して、余計に肌が荒れてしまいます

なので、しっかり保湿をする必要があるのです

ボディミルクのようなローションで

湯上がりに、しっかり保湿をしましょう

 

一皮むけて、輝くような美肌を手に入れることが可能です

 

 

榎本



関連記事

  1. いいっちゃCLUB北九州
  2. 秋だから行ってみたい!! 柳坂ハゼ祭りをご存知でしょうか? …
  3. ギラヴァンツ北九州×小倉記念病院 市民公開講座開催のお知らせ
  4. HOME おとなナビ北九州
  5. 九州女子大 永田 瑞生先生  北九州発空弁を監修!
  6. 八幡誕生祭第七弾!「ルガルボニート2017春」 週末は黒崎へ!!…
  7. 薄毛・抜け毛について考えてみる!  予防美容サロンハーツⅲ
  8. アプリと一緒にぐるっと巡ろう!北九州市公式 観光アプリ   ぐる…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP