おとなNEWS

【祝・旧八幡市制100周年!】  八幡東区役所 

【祝・旧八幡市制100周年!】

ちょうど100年前の今日、
大正6年(1917年)3月1日に、八幡市が発足しました。

 

発足当時の人口は、約8万5千人。
尾倉村、大蔵村、枝光村の3村が合併して八幡村が発足した明治22年(1889年)当時の人口が約2,000人でしたので、40倍以上の増加です。

この発展は、明治34年(1901年)に操業を開始した「官営八幡製鐵所」を起点としていることはご存知の通り。八幡は、国を支える鉄の街として、繁栄も苦難も経験してきました。

煙突から立ち上る七色の煙を誇らしげに見上げた繁栄の時代、
その繁栄がもたらした公害に苦しめられた時代。
オイルショックのあとに訪れた鉄冷え。
公害克服とその経験を生かした国際協力、
環境に関する様々な取り組みで
世界からも認めらるようになった現在。

平成27年(2015年)には、このまちの発展の起点である「官営八幡製鐵所」の関連施設が、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、世界遺産に登録されました。

今年は、旧八幡市制100周年。
この1年、八幡東区、八幡西区では、これを記念して様々な催しを行います。

その冒頭を飾るのが、写真展「八幡、百年の記憶」。
本日より5月28日まで、北九州イノベーションギャラリーで開催します。

八幡市時代を中心に、八幡村誕生から現在までの八幡を写真で紹介します。
八幡の歴史を知るまたとない機会です。
入場無料ですので、お気軽にお越しください。

<写真展「八幡、百年の記憶」(入場無料)>
日時:平成29年3月1日(水)~5月28日(日)
午前9時~午後7時(土曜・日曜・祝日は午後5時まで)
月曜日は休館(祝日の場合は翌日)
場所:北九州イノベーションギャラリー「ラウンジ」
(八幡東区東田二丁目2-11)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、木、バスケットボールコート、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外


関連記事

  1. 山家 勉さんからメディア交流会へのお誘いです。 3月17日(金)…
  2. 今北九州市と下関市の旅館やホテルの宿泊者限定で関門海峡ぐるっと夜…
  3. 2016リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック競技大会に出…
  4. ギラバンツ北九州からお知らせ!明治安田生命J3リーグ第23節 セ…
  5. 門司港レトロ地区南端にある 旧大連航路上屋 第2回グランドシニア…
  6. 認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ  3月22日発売!
  7. 【博多~鹿児島中央間を最もおトクに利用できる 「列車限定!九州ネ…
  8. 「るるぶトラベル」と「日本秘湯を守る会公式ウェブ」のシステム連携…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP