おとなNEWS

北九州市とSBドライブ、自動運転技術を活用したスマートモビリティーで連携というNEWS

北九州市とSBドライブは2016年4月25日、自動運転技術を活用した地域密着型のコミュニティーモビリティーに関連して、連携協定を結ぶと発表した。スマートモビリティーの社会実証や実用化に向けたもので、連携協定の締結は4月27日を予定。

両者が結ぶ連携協定の目的は、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化と、それによる学術振興、地域経済の活性化。そのために、自動運転技術開発のための産学連携や、スマートモビリティーサービス事業化のための環境整備にかかわることを、両者で連携して実行する。

SBドライブは、2016年4月1日に設立された会社で、ソフトバンクと先進モビリティの両社が株主。自動運転技術の導入や運用に関するコンサルティング、旅客物流に関するモビリティーサービスの開発・運営を手掛ける。今回の北九州市との連携協定は、SBドライブとして初めての自治体との連携プロジェクトとなる。

 

高齢者の運転についていろいろと考えさせられる問題が起きていますが、自動運転が可能になると嬉しいこと増えますね

その一端を北九州で!

期待しましょう。

 

 

【報道発表資料】
北九州市とSBドライブが連携協定を締結



関連記事

  1. 薬による認知症予防は、遠い日の花火のように 元気人
  2. 【祝・旧八幡市制100周年!】  八幡東区役所 
  3. 中央区はしご酒大会へのお誘い  八幡東区役所
  4. ゼロ戦、鹿屋の海自基地で試験飛行
  5. ラブリバー撥川ネットワーク様:撥川ホタル祭りのご案内
  6. グローバルリーダー人間性英才 ~これからの時代に必要な教育の変化…
  7. NHK北九州放送局が、初めて制作する「地域ドラマ」の制作発表会に…
  8. 【おとなニュース】 病気のリスク“血糖値スパイク”についてお話し…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP