おとなNEWS

北九州市とSBドライブ、自動運転技術を活用したスマートモビリティーで連携というNEWS

北九州市とSBドライブは2016年4月25日、自動運転技術を活用した地域密着型のコミュニティーモビリティーに関連して、連携協定を結ぶと発表した。スマートモビリティーの社会実証や実用化に向けたもので、連携協定の締結は4月27日を予定。

両者が結ぶ連携協定の目的は、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化と、それによる学術振興、地域経済の活性化。そのために、自動運転技術開発のための産学連携や、スマートモビリティーサービス事業化のための環境整備にかかわることを、両者で連携して実行する。

SBドライブは、2016年4月1日に設立された会社で、ソフトバンクと先進モビリティの両社が株主。自動運転技術の導入や運用に関するコンサルティング、旅客物流に関するモビリティーサービスの開発・運営を手掛ける。今回の北九州市との連携協定は、SBドライブとして初めての自治体との連携プロジェクトとなる。

 

高齢者の運転についていろいろと考えさせられる問題が起きていますが、自動運転が可能になると嬉しいこと増えますね

その一端を北九州で!

期待しましょう。

 

 

【報道発表資料】
北九州市とSBドライブが連携協定を締結

関連記事

  1. 【お盆特別(冊子)プレゼント企画】 ※プレゼント詳細は追伸欄をご…
  2. 日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」において、…
  3. 【メンタルケア学術学会】2019年度文部科学省後援こころ検定(R…
  4. 「敬老の日」直前!30~50代男女へ調査 父親の介護、女性の8割…
  5. 第二の人生応援企画!自宅にいながら「不動産業界」の経験を活かせる…
  6. ノバルス シニア向けビジネスコンテストにおいて「MaBeee 見…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP