おとな流 気になるニュースに迫る

第9回 おとな流気になるニュースに迫る 「75歳以上を高齢者に? おじさん 74歳の決断とは?」

みなさんこんにちは、おとなナビの楠田です。

 

本日は、第9回「75歳以上を高齢者に? おじさん 74歳の決断とは?」

というテーマでお話しします。

今年になって日本老齢学会が、高齢者の定義をこれまでの「65歳」から「75歳」に見直す提言を発表しました。

10年前に比べて、身体の動きや知的能力が5~10歳若返っていると判断したそうです。

どのようなデータに基づいているのか分かりませんが、2007年に比較して

10歳も若返っているというのはちょっと驚きです。

最初に結論有りきなのではないかと疑ってしまいますが・・・。

またこれまで高齢者だった「65歳~74歳」までは准高齢者になるとのことです。

そう言えばテレビや紙面の広告などで、「え~っ!」と思うような、年齢の割に若々しい方を見る機会が増えてきました。

黒柳徹子さんや吉永小百合さんなんかも凄いですよね。

まさしくこれまで若者の後ろに隠れていた高齢者が、主役になりつつあることの証拠ではないでしょうか。

定義だけで言うと、少子高齢化の時代に即したものなのだろうなと思います。

ただ年金など社会保障や雇用制度のあり方についても並行して考え、准高齢者も含めて、贅沢でなくとも、いききと健康で心豊かに過ごせるように考えていただければと強く願っています。

私のこれからの人生にも大いに影響しますので、厳しくチェックしていきたいと思います。

さて75歳と言えば、私にはちょうど74歳のおじさんがいますので、今回はおじさんを紹介させていただこうと思います。

ただ決して特別なことではなく、これまでまじめに生きてきたおじさんのお話しです。

最近私は、久しぶりにおじさんに会いに行きました。

正確には仕事のついでに寄ったのです。

おじさんは私の母親の実弟で、74歳になりました。

私とは年齢が近く、ちょっと口うるさいのですが、私にとっては大切なおじさんです。

数年前に階段から落ちて、背骨を傷めて長い間入院しました。

家族からも歩けなくなるのではないかと心配されていました。

杖は突き始めましたが、これを覆して現役復帰してくれたのです。

また直近は悪性腫瘍に侵されて、手術をしました。

以前ほどではありませんが、これも乗り越えて現役復帰しています。

おばさんと一緒に、新飯塚駅前でおふくろの味と銘打った食堂をやっているのです。

以前のように厨房に立って、料理を作ることは減ったのですが、仕込みを中心に仕事をしているとのことでした。

話をして驚いたのは、食堂店舗の契約を6年間延長したと聞かされた時です。

もう店を畳むのかなと思っていたのですが、80歳までやると決めたとのことでした。

理由は、至ってシンプルです。

「まだ食べに来てくれる人たちがいるから」とのことでした。

色々と複雑な心境と葛藤で、思い悩んだ末の結論でしょう。

人生に目標を立てて生きていく道を選んだのです。

その時背中を押してくれたのが、いつも食べに来てくれるお客様の笑顔だったのだろうと推測しています。

自慢の生姜焼き定食をご馳走になりました。

ボリューム満点の定食で、決して派手さも飾り気もありませんが、お腹も胸も一杯になりました。

その時ふと思い出したのですが、少し前に会社の若い人の結婚式に招かれた時のことです。

天神のビルの中にあるハウスウェディングスタイルの式場でした。

きらびやかで、彩りといい盛り付けといい、それはそれは立派なお料理をいただきました。

高級な食材も使用していました。

ただ何か味気ない印象を持ったことを覚えています。

単純に比較してはいけませんが、本当においしい物とは、作る人の顔が見えて、作る人の愛情を感じられる料理なのかなと感じた次第です。

おじさん・おばさん80歳まで頑張って下さい!

私も負けないように頑張ります。

帰りに、おじさんが杖を突きながら店の前まで出て来て、見送ってくれました。

名残惜しそうにいつまでも手を振ってくれたので、私も手を振って応えました。

通行している人達にはけっこう滑稽な風景に見えたかもしれません。

言葉にはできないのですが、心温まるものでした。

 

JRで帰るつもりで、駅前の信号を渡ろうと前をみたら、

タクシーが止まっていました。

私のおじさんの生き方

みなさまはどう思われたでしょうか。

楠田正博



関連記事

  1. おとな流 気になるニュースに迫る「天皇陛下の生前退位について思う…
  2. 第16回おとな流気になるニュースに迫る「頑張れイチロー! イチロ…
  3. おとな流気になるニュースに迫る 第13回「沖縄に行ったことはあり…
  4. おとな流 気になるニュースに迫る「働き方を考える」楠田正博
  5. 時間‐時計 おとな流気になるニュースに迫る|第21回「それでも時は必ずやって…
  6. おとな流気になるニュースに迫る|第20回「感動の相続とは? 今相…
  7. 第23回「豊洲移転問題 感じるままの大放言」 というテーマでお…
  8. おとな流 気になるNEWSに迫る  第8回「大学の軍事研究をどう…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP