おとなNEWS

脳の覚醒が止まらない! 情報化社会で生き抜くための「知識本」10冊

現在、我々をとりまく社会環境は、高度情報化社会と高齢化社会が同時に、多様な形で進行しています。

これから迎えつつある高齢化社会では、高齢者層がIT(情報技術)を活用し社会貢献していくことが望まれます。

とはいえ、氾濫する情報の中で生き抜いていくことも至難の業!

次から次へと新しい情報が舞い込み、消化しきれないままパンク状態!?

私たちが情報化社会で生き抜くために必要なのは、ただ単に知ることではなく自分のなかで消化して“使う”こと。津田塾大学教授 萱野稔人さんが、その礎となる10冊を紹介されています。

ぜひ、ご覧ください。

 

http://president.jp/articles/-/21662

出典 presidentonline

 

 



関連記事

  1. 【お盆特別(冊子)プレゼント企画】 ※プレゼント詳細は追伸欄をご…
  2. 【思い出に残っている給食メニュー|総合ベスト10】   昭和LO…
  3. よもぎまんじゅうおかもと屋外観 絶品!よもぎまんじゅう
  4. 医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証
  5. スマイル総合研究所-痛風予備軍 痛風予備軍!|スマイル総合研究所
  6. トランクルームを活用しましょう!
  7. 平成29年度後期「北九州市民カレッジ」講座のご案内
  8. 「ひよっこ」ご覧になってます?懐かしい歌いっっぱいです。 196…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP