恵美の訪酒の記!

訪酒の記 No.2 お酒を飲む?呑む? EMI

訪酒の記 No.2 お酒を飲む?呑む?

皆様こんにちは。訪酒の記、第二回です。

早速ですが、皆様は晩酌の習慣はありますか?

私は、前回の記事での「日本酒元年宣言」を皮切りに、晩酌を始めました。

晩酌初心者なので内心ドキドキです。

適量を見極めたり、器や温度による味の違いを気にしてみたり、

お酒に合わせる肴は何がいいか考えたり。

まだまだ試行錯誤の段階ですが、いろいろな発見があって楽しいです。

日々の晩酌についてはおいおい報告していきますので、お楽しみに!

さて、今回は「机上編」、この連載のキーワードとなる「のむ」の漢字についてです。

皆様は、「お酒をのむ」という時、「飲む」と「呑む」、どちらの漢字を使いますか?

どちらかというと「呑む」のほうがよく使われている気がしますが、いかがでしょうか。

実際、「飲」と「呑」にはどのような違いがあるのでしょうか。

ちょっと調べてみましょう。

「飲」は「お酒を飲む」という意味を持つことがわかりますね!

それに対して、「呑」はお酒に限らず物事を丸飲みするという意味を持つようですね。

そう言われてみると、「飲酒」という熟語はありますが、「呑酒」はありません。

両方の漢字の成り立ちについて、もう少し調べてみましょう。

ここまでくれば両者の違いは歴然ですね!

「飲」は「お酒を飲むこと」に由来する漢字、

「呑」は「のど」に由来する漢字なんですね。

さらに「㱃」以前には、酉+今で「酓」の字が存在したようです。

「今」を「含む」の意とする前出の説とは異なり、

この説では、「今」を「酒壺の蓋」の象形であるとしています。

もしかしたら酒壺の蓋でお酒を飲んだことが「飲」という字の起源なのかもしれませんね!

ちなみに、冒頭のイラストは酉+今+欠で酒飲みねずみです。

そもそも、「飲」という漢字の成り立ちが「酒を飲む」に由来しているのは興味深いです。

「酒を飲む」ことから考案された「飲」の字が、やがてお酒以外にも

水やお茶などの飲料全般を「飲む」ことにも用いられてゆく過程で、

酒器に由来する「酓ヘン」から食器に由来する「食ヘン」に改められたのかもしれませんね。

でも、お酒好きの贔屓目でみるならば、お酒を飲む場合に用いる「飲」は特別に

「㱃」のままにしておいてもよかったんじゃないかと思ってしまいます。

だって、水、お茶、コーヒー、ジュース、牛乳などなど、

どんな飲み物を「飲む」ときにも「飲」が用いられるようでは、

「飲」の字があまりにも一般化してしまい、

お酒を「飲む」ことのスペシャル感が色褪せてしまうような気がしませんか。

この物足りなさを埋め合わせてくれる救世主が、「呑」という漢字なのかもしれません。

私たちが「お酒を飲む」ではなく、敢えて「お酒を呑む」と書くとき、

そこに「お酒を一気呑みする」という本来の意味を超えて

「お酒を味わい楽しむ」といったスペシャルな意味合いを

付与しているように思います。

たとえば、音楽を「聞く」よりも「聴く」、

絵画を「見る」よりも「観る」というように。

この連載でも、お酒を「呑む」と書く場合には、

「お酒をただ飲む」のでも「一気呑みする」のでもない、

プラスアルファな意味合いを込めたいと思います。

EMI (2017.3.1)

 

第一回の記事&プロフィールは↓↓から

連載 訪酒の記 No.1  酉年にちなんで! EMI スタート

 

 



関連記事

  1. 恵美の訪酒の記! No.4 お酒にはお吸い物を
  2. 造り酒屋イメージ 恵美の訪酒の記 No.5 麹と仲良くなりたい
  3. 訪酒の記 No.3 酔わない晩酌?  EMI

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP