おとなNEWS

間違いだらけのコレステロール制限!  スマイル総合研究所

コレステロール、いつから悪者にされたの
でしょう?

体の細胞はコレステロールがないと作られ
ません。

ところが、今の風潮はコレステロールを控え
ましょうと言っています。

ところで、コレステロールとは一体何でしょう?

コレステロールを説明するには、3大栄養素の
一つである脂質から理解する必要があります。

つまり油です。

脂質は重要なエネルギー源です。
1gあたり9kcalのエネルギーを生み出します。

これは、炭水化物やタンパク質の4kcalと比べ
高効率なのです。

また、脂質は、細胞膜や核酸、神経組織などの
構成成分ですので必要不可欠です。

さらに、ビタミンやカロテンの吸収も助けて
くれます。

脂質は、

・中性脂肪
・脂肪酸
・コレステロール
・リン脂質

からできています。

それぞれの働きはこちらです。

・中性脂肪
エネルギー源、体温を一定に保ち臓器を守ります。

・脂肪酸
エネルギー源になり、細胞膜を構成します。

・コレステロール
細胞膜を作り、ホルモンを作り、胆汁酸を作ります。

・リン脂質
細胞膜を作り、中性脂肪やコレステロールを血液に馴染ませます。

いかがですか?

このように脂質はとても重要なんです。

さて、話を戻します。

ご覧のように、コレステロールの働きは、細胞膜
ホルモン、胆汁酸を作ります。

ホルモンで一番思い浮かべるのはホルモンバランス
の乱れです。

ホルモンバランスの乱れで一番思い当たるのは
生理です。

思い当たる人、いませんか?

最近、コレステロール避けてないですか?

更に、コレステロールの摂取を控えると丈夫な
細胞が作られなくなります。

あなたの肌荒れの原因、コレステロール不足
かもしれません。

 

なぜ、突然コレステロールの話をしているのかと

いうと、 私の友人女性が先日献血に行きましたが、
赤血球不足で献血できませんでした。

彼女は食事にも気を使い、添加物を避け、
野菜中心の生活を行っています。

運動も適度に行っています。

ところが、機械は彼女の欠点を見抜きました。

健康な食事を摂っていたと思われたのですが
実は栄養失調になっていたのです。

彼女はコレステロールの数値が高くなるのを
恐れ、肉の摂取を極端に減らしていました。

これは典型的なコレステロールに対する認識の
間違いです。

コレステロールは、全身にある60兆個の細胞
すべての細胞膜の素です。
コレステロールが無ければ、細胞は崩れて
しまいます。

また、肌荒れの原因にビタミンD不足があります
が、ビタミンDはコレステロールが日光に当たる
ことによって作られます。

このようにコレステロールは非常に重要なもの
なんですが、なぜ彼女は誤解してしまった
のでしょうか?

それは、悪玉コレステロール(LDL)、善玉
コレステロール(HDL)の存在です。

悪玉と言われるから体に必要ないのかというと
そうではありません。

悪玉コレステロール(LDL)も体には必要です。

と、いうよりも、悪玉も善玉も同一のコレステ
ロールです。

体の認識としては、悪玉も善玉も関係ありません。
コレステロールとしてのみ認識されます。

悪玉や善玉と言っているのは人間の都合です。

もっと言うと利権がからんだ人たちの都合で
そう呼ばれています。

確かにコレステロールが増えすぎると生活
習慣病の原因になりますが、それはコレステ
ロールに限ったことではありません。

例えば、カルシウムの摂りすぎは結石の素
となります。

メディアの情報に踊らされると間違った方向に
導かれます。

もう一度コレステロールについて考えてみま
しょう。

全身に運ばれるコレステロールの80%は体内
で作られています。(ここ重要)

食事で摂れるコレステロールはわずか20%です。
(ここも重要)

血液検査などに出てくる数値もそうですが、
血中内のコレステロールの80%は体内で作られた
ものです。

コレステロールの値が高かったとしても
それは決して昨日食べた霜降り肉のせいでは
ありません。

血中内のコレステロールは一定に保たれる
ようになっています。
これは体の精密な機能の一つです。

コレステロールの摂取を控えると、肝臓が
一生懸命コレステロールを作ります。

反対に霜降り肉を食べると、肝臓はコレステ
ロールを作るのを控えます。

このように食事でコレステロールを減らす
のは難しいことがおわかり頂けたと思います。

では、どうやってコレステロール値を下げたら
いいのでしょう?

もちろん、血中コレステロールを排出する
食物繊維を多く摂ることは重要ですが、
それよりも細胞の生成を早める(新陳代謝
を良くする)ことが一番の早道です。

冒頭でもお話ししたように、コレステロール
がないと細胞は作られません。

言い換えると、細胞が頻繁に作られていたら
コレステロールは消費される一方で増える
ことができません。

新陳代謝を良くするには?

一番手っ取り早い方法は運動することです。

駅の階段を速足で駆け上がります。

更に効率よく新陳代謝を行わせるために、

私は水素を活用しています。

水素は細胞を活発化させます。

代謝能力を上げてくれます。

水素カプセルを常用すると、髪の毛が早く
伸びます。
爪も早く伸びます。
切り傷など、傷の治りも早くなります。

これらは全て新陳代謝が頻繁に行われて
いるからです。

 

話しがそれてしまいました。

何ごともバランスが大事です。

 

脂肪の摂りすぎは生活習慣病のもとですが、

脂肪を控えすぎるとこれも病気のもとです。

 

お肉を食べる時には必ず多めに野菜を食べる

など、自己管理が必要です。

これは、私自身への言葉でもあります。

 

今日も駅の階段駆け上がります。

 

追伸:スマイル総合研究所の水素サプリメントが

『婦人公論』の特選百科に選ばれました!

 

 



this is default footer data

関連記事

  1. 【お盆特別(冊子)プレゼント企画】 ※プレゼント詳細は追伸欄をご…
  2. からだのガソリンって何? スマイル総合研究所
  3. この頃あの人の名前が思い出せない・・・。今すぐチェック! おとな…
  4. Giravanz Summer Festivalミクスタ満員大作…
  5. おとなニュース 63歳のファッションブロガー、年齢という固定観念…
  6. 魚町にOPENしました!  いきがい活動ステーション(北九州市)…
  7. 電力自由化ってなんだろー?    おとなnews
  8. まもなく、北九州高速の通行台数が累計10億台を達成! 感謝の気持…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP