おとなNEWS

電気自動車の電力を利用して沸かしたお湯で味噌汁とスープを提供しました。災害時の電力輸送の意義を改めて実感!地図ポータルサイト G-motty(ジモッティ) 

G空間シティ構築事業とG空間システムとLアラートで実現した電気自動車を「動く蓄電池」に見立てた電力輸送システムを石川県輪島市の能登半島地震復興10周年事業のイベントで実証中!

電気自動車を「動く蓄電池」に見立てた電力輸送システム実証でお湯を沸かして、味噌汁と玉子スープを作って参加者の皆さんにご提供しました!

昨日から避難所運営の訓練をやっていた参加者の皆さんは、冷たい食事をとっていましたので、暖かい味噌汁やスープにホッコリした笑顔がこぼれていました。

災害時の電力輸送の意義を改めて実感しました。

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

関連記事

  1. ふるさと納税で親孝行ができるサービス 親孝行代行サービス(90分…
  2. 西から東へ、全国にお薦めしたい、九州福岡おみやげグランプリの受賞…
  3. 理想的なお参り頻度は平均「年4.3回」に対し、実際の頻度は平均「…
  4. アースウォーカートレーディング株式会社  オゾン発生器 オゾンク…
  5. 予防医学のアンファーが贈る 世界初の「石けんで洗って読む絵本」 …
  6. 海洋散骨とは?  

おとなの脳トレ

母の日特集

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP