おとなNEWS

今日からできる認知症予防:生活習慣病編|元気人

生活習慣病アイキャッチ

「健康寿命をのばそう!」をスローガンに、厚生労働省は生活習慣病の予防に力を入れています。

生活習慣病は、
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、
 その発症・進行に関与する疾患群」
と定義されています。

がん、循環器疾患、糖尿病、
COPD(慢性閉塞性肺疾患)などは
生活習慣病にあたります。

生活習慣病は、医療費の約3割を占めているといわれ、高齢化とあわせて、社会保障費増大の要因になっています。

また、死亡者数の約6割を占めており、日本人の半分以上は生活習慣病で亡くなっていることになります。

また、生活習慣病は認知症の発症リスクを高めることがわかっています。

スウェーデンの研究者が行った調査研究によると、

  • 50歳時に最高血圧(収縮期血圧)が160mmHg以上
    ⇒⇒ 71歳時のアルツハイマー型認知症の発症リスク 2.3倍
  • 総コレステロール値260mg/dl以上
    ⇒⇒ アルツハイマー型認知症の発症リスク 2.1倍
  • 方を合併している場合
    ⇒⇒ アルツハイマー型認知症の発症リスク 3.5倍


であることがわかりました。

生活習慣病の治療には、
運動不足の解消や食事スタイルの改善、服薬管理が必要となります。

生活習慣病に加えて、認知症も発症すると、治療や予防活動を続けることが難しくなり、生活習慣病や認知症の重症化を招くことになります。

これだとQOL(人生の質)を大きくさげることになります。

近年の研究から生活習慣病については、予防法が確立されてきています。

認知症予防は高齢者だけがするものではありません。

お父さんのような中年期を迎えている方も認知症予防の対象者であり、生活習慣病の予防や改善に努めることで、将来の認知症発症を回避することにつながるのです。


【文献】
Kivipelto M, et al.
“Midlife vascular risk factors and Alzheimer’s disease in later life:
?longitudinal,population based study”
BMJ ; 322:1447-1451 (2001)


元気人ロゴバナー

関連記事

  1. 世界最大級のシェアサイクル「ofo」、北九州市で4月9日よりサー…
  2. 間違いだらけのコレステロール制限!  スマイル総合研究所
  3. 【北九州市制55周年記念事業】山田章仁選手のトークショー&ラグビ…
  4. お孫さん情報は「たまひよSHOP」  2月にリニューアルです。 …
  5. 2017年の福岡の桜の開花情報や見ごろの時期は? 北九州市庁舎前…
  6. 電気自動車の電力を利用して沸かしたお湯で味噌汁とスープを提供しま…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP