おとなの脳トレ

ICTの利活用で高齢者の認知症予防を実現する動きがスタートしています

高齢者が周囲から何も働きかけられることなく、何日間も一人で過ごすことは、認知症の発症リスクを高めているといわれています。

人とのかかわり合いは、とても有効的な認知症予防の手段ですが、高齢者とのかかわりをもてる人材の数とその時間は限られているのも現状です。

人とのかかわり合いをICTで代替しようとする取り組みがスタートしようとしています。

 

こうした認知症予防につながる生活スタイルを習慣化する取り組みは、ヒト型ロボットに限らず、タブレット(iPadやAndroid)やパソコンなどのICTが得意とするところです。

特に手軽に簡単に操作できるタブレットの登場で、ICTは高齢者にとってより身近な存在になりました。

タブレットやパソコンを活用した認知症予防の取り組みは、今後注目を浴びていくと思うのです

身長約34cm

https://deagostini.jp/rot/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=rot

 

一般社団法人 元気人



関連記事

  1. 山手線ゲームイメージ 山手線ゲームのお題一覧とやり方紹介!!高齢者の脳トレにも最適!
  2. 第2回おとなコミュニティーサロン(OCS) 八幡ロイヤルホテル …
  3. 40歳過ぎたら脳活性!! 連想ゲームで脳トレを
  4. 脳トレ 漢字問題
  5. プラチナ脳をつくる「楽しみながら脳トレ」3月予定 いきがい活動ス…
  6. おとなコミュニケーションサロン第一回 北九州ロイヤルホテル脳トレ…
  7. 老若男女問わず誰にでも楽しくクイズに挑戦することができます! 簡…
  8. 意外と知られていない認知症のデメリットその1:病気にかかりやすく…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP