おとなの脳トレ

ICTの利活用で高齢者の認知症予防を実現する動きがスタートしています

高齢者が周囲から何も働きかけられることなく、何日間も一人で過ごすことは、認知症の発症リスクを高めているといわれています。

人とのかかわり合いは、とても有効的な認知症予防の手段ですが、高齢者とのかかわりをもてる人材の数とその時間は限られているのも現状です。

人とのかかわり合いをICTで代替しようとする取り組みがスタートしようとしています。

 

こうした認知症予防につながる生活スタイルを習慣化する取り組みは、ヒト型ロボットに限らず、タブレット(iPadやAndroid)やパソコンなどのICTが得意とするところです。

特に手軽に簡単に操作できるタブレットの登場で、ICTは高齢者にとってより身近な存在になりました。

タブレットやパソコンを活用した認知症予防の取り組みは、今後注目を浴びていくと思うのです

身長約34cm

https://deagostini.jp/rot/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=rot

 

一般社団法人 元気人



関連記事

  1. 今日の脳活性  雑学2択クイズ問題10問
  2. 認知症は「片づけ」で予防できるって知っていましたか? 高橋和子著…
  3. ポジティブ思考を育てられる大人のお絵かき 第5弾『脳がめざめるお…
  4. 第一回おとなコミュニティーサロン(OCS)   八幡ロイヤルホテ…
  5. 認知症市場での注目企業:ツムラ
  6. IoTで認知症テストのスコアが向上〜ウェアラブルIoTによる自立…
  7. プラチナ脳をつくる「楽しみながら脳トレ」3月予定 いきがい活動ス…
  8. 70%以上の人に認知機能の向上が見られた、認知機能改善ドリルが発…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP