おとなの脳トレ

おもしろクイズ問題10問勝負!楽しく頭をほぐしましょう!

おもしろクイズで楽しもう

今回紹介するのはおもしろクイズです。
解きながら皆さんに楽しんでもらえるような問題作りを目指しました。

今回のクイズでは、

解き終わった後に思わずクスリと笑ってしまうような問題

なるほど!!と思わずうなってしまう問題

をコンセプトに作りました。
というのも、最近の脳トレブームなどでクイズ問題はかなり量・種類が増えました。

 

また、問題自体の質も上がってきているように思えます。
しかし同時に、『認知症予防』『脳のトレーニング』といった機能の強化のみに意識が向きすぎてしまったように感じるのです。

高齢者の方、また認知症になる方が増えている現代社会において確かに認知症予防や脳トレは求められているものではあります。

 

ですが、それのみを目的にするのは何か違うような気がします。
それでは過酷なトレーニングと変わりません。

 

クイズ問題というのは、やはり大前提として解いている人が楽しめる問題こそが最も大事なのではないでしょうか。
そのうえで脳のトレーニング・頭の体操もできることが何よりも求められることであるはずです。

 

楽しく取り組み、頭をほぐす。
でも、頭を使う問題できっちり頭の体操もこなす。

今回のおもしろクイズでは、クイズの面白さと脳トレや頭の体操の効果の両立を目指しています。
・・・少し硬い話になってしまいましたが、要するに

楽しく頭をほぐしましょう!!

ということです♪

 

 

おもしろクイズ10問

それでは、さっそく問題に移ります。
今回紹介するのはおもしろクイズ10問です。

とにかく解いている最中も、解いた後にも

おもしろい!!

楽しかった~

と思ってもらえるような問題を作ったつもりです。
高齢者施設や児童施設のレクリエーションとしても活用してもらえるかと思います。

また、ちょっとした隙間時間や退屈な時間に笑いたい時は、ぜひこの問題に挑戦してみてくださいね!!

 

問題

第一問

神様の使いと言われている天使。
実はこの天使、電車の中にも乗っているんです!!

いったいなんて名前?

ヒント:職業

 

第二問

尻尾を結ぶと、突然ある食べ物に変化しました。
いったいどんな食べ物になりましたか?

ヒント:お弁当の定番。日本が発祥の食べ物

 

第三問

日本で一番北にある県は何県?

ヒント:聞いているのは『県』です。

 

第四問

お酒は二十歳になってから。
大人の嗜好品、たばこも二十歳になってからですよね。

それでは、自動車は何歳から乗ることができますか?

ヒント:解答する前に、もう一度問題をよく読んでみてください。

 

第五問

30人まで乗れる大型の潜水艦があります。
この日、その潜水艦には29人の人が乗り込みました。

定員には達していないにもかかわらず、潜水艦はどんどんと沈み始めてしまいました・・・
いったいなぜでしょう?

ヒント:潜水艦の仕事は?

 

第六問

窓が開いた部屋の中に、火が付いたろうそくが10本並んでいました。
一度風が吹き、ロウソクは一本消えました。

さらにもう一度風が吹き今度は3本消えました。
その時点で窓を閉めました。

ちなみに、このロウソクは風が吹かない限りは決して消えません。
1週間後、ロウソクは何本残っているでしょう。

ヒント:火が消えなかったロウソクは最後にはどうなる?

 

第七問

タクシーの運転手さんが、車一方通行の標識が出ている道を逆走しています。
そこに通りがかった警察官が!

ですが、警察官の人は何も注意することなくその場を去ってしまいました。
一体何故?

 

第八問

ウ + 八=?

ヒント:ある漢字に変化します。

 

第九問

『ニシン』という言葉を10回言ってください。

・・・それでは、赤ちゃんを産む行為をなんといいますか?

 

第十問

日本の誇る2台大仏である奈良の大仏と鎌倉の大仏。
では、先に立ったのはどちらでしょうか?

ヒント:問題は先に建設されたではなく、先に立ったのはです。

 

答え

第一問

運転士

私たちを行きたいところに連れて行ってくれる運転士(うん天使)さんのことです。
確かに、私たちを目的地まで乗せていってくれるのですから、優しい人であることは間違いありませんね。

第二問

おむすび

日本の伝統料理、おむすび(尾むすび)です。
お弁当などでは、定番ですよね。

色々な料理が食べれるようになりましたが、やっぱり最後はこの料理に戻るような気がします。

第三問

青森県

多くの人がついつい北海道と答えてしまいがちのこの問題。
ですが、北海道は県ではなく道です。

日本最北端の県は青森県です。
ねぶた祭りが有名ですよね。

第四問

0歳

自動車の運転免許は18歳からですが、自動車に乗ること自体は0歳から可能です。

ただし、子供を乗せる場合は必ずチャイルドシートをつけ、制限時速を守って運転してくださいね。

第五問

潜水艦は沈むものです。

沈没したわけではないので、潜水艦が沈むこと自体は何の問題もありません。
一度だけ海の底の景色を見たことがあるのですが、幻想的で本当に美しいものでした。

なかなかそういった機会はないとは思いますが、チャンスがあればぜひ潜水艦などに乗って海の底の景色を楽しんでみてくださいね。

第六問

4本

火が消えなかったロウソクは燃え尽きてしまうのでなくなります。
最初に風邪で消えてしまった4本のろうそくだけが燃え尽きることなく残っています。

第七問

タクシーの運転手が車の一方通行の道を走っていただけだから。

タクシーが逆走していたら問題ですが、タクシーの運転手、すなわち人が一方通行の道を逆に走っていても何の問題もありません。

タクシーの運転手さんといえども、健康には気を使って自らの足で走るときも当然あるわけです。

第八問

漢字をイメージしてみたら案外答えは出てきます。
ホワイトボードなどで二つの文字を書いてあげると回答する人たちも答えが浮かびやすいようです。

第九問

出産

ついつい言ってしまいそうですが、妊娠ではありません。
妊娠はおなかの中に命を宿す行為です。

出産が子供を産む行為のことです。
どちらも尊い命をはぐくむのには変わりありませんが(^^)

第十問

どちらも立ってはいません。

大仏が自分の足で立つようなことがあれば一大事です。
きっとその日のことは日本人みんなの記憶に刻まれることでしょう。

ちなみに、奈良の対物と鎌倉の大仏それぞれが建築されたのは

奈良の大仏は752年

鎌倉の大仏は1243年

にそれぞれ建築されました。
ちなみに、私は修学旅行で行った東大寺の奈良の大仏の穴に小学6年生の時に詰まって抜けなくなりました・・・

子供だったので、「ああ、僕はもうここで生活するしかないんだ」と思ったのはいい思い出です。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は、解くだけで楽しくなるおもしろクイズ10問を紹介させてもらいました。

おもしろクイズ、ということで私がこれまで解いてみておもしろいと思ったものだけを厳選して紹介しています。
解いてくださった皆さん、少しでも楽しんでもらえたのなら幸いです。

こういったクイズのいいところは、世代や性別など一切関係なく、老若男女だれでも楽しい時間を過ごすことができるという点です。

皆さんも、ぜひ一度お友達などと一緒にこの問題にチャレンジしてみてくださいね

 

 

ゆーだい

ゆーだいさんのページは☝☝



関連記事

  1. 今日からできる認知症予防:(食事スタイル編) 元気人
  2. プラチナ脳をつくる「楽しみながら脳トレ」3月予定 いきがい活動ス…
  3. 今日の脳トレ!!  間違えやすい漢字クイズ!読み間違え・書き間違…
  4. 第一回おとなコミュニティーサロン(OCS)   八幡ロイヤルホテ…
  5. 40歳過ぎたら脳活性!! 連想ゲームで脳トレを
  6. 老若男女問わず誰にでも楽しくクイズに挑戦することができます! 簡…
  7. 高齢者の脳活性について考える 脳トレ色々!
  8. 山手線ゲームイメージ 山手線ゲームのお題一覧とやり方紹介!!高齢者の脳トレにも最適!

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP