健康情報ナビ

治りうる認知症その1:正常圧水頭症 |元気人

治りうる認知症に「正常圧水頭症」があります。

正常圧水頭症は、脳と脊髄の周囲を満たしている
水(脳脊髄液)が原因で起こる病気です。

脳脊髄液は、脳の中央にある脳室で毎日作られており、
やわらかい脳を硬い頭の骨との衝撃から守る働きをしています。

お豆腐パックの中には水がパンパンに入っていますが、
その理由は持ち運びの衝撃で豆腐が型崩れしないようにするためです。

脳脊髄液は、お豆腐パックの中の水と同じ役割を担っており、
頭蓋骨の中にあるやわらかい脳を衝撃から守っているのです。

今日、スーパーでお豆腐パックを見かけましたら、
脳脊髄液のことを思い出されるといいかもしれません。

この衝撃から脳を守ってくれている脳脊髄液ですが、
何かしらの原因により脳室にたまりすぎるときがあります。

すると、周りの脳が圧迫されてさまざまな症状がでるようになります。

正常圧水頭症には3つの主な症状があり、以下のとおりです。

1)歩行障害 歩行が不安定に
・足が上がりにくくなる
・すり足、小刻みにしか歩けない
・方向が変えにくい
・うまく止まれない

2)認知症 特に精神活動の低下がみられる
・意欲や集中力が低下する
・趣味や家事をしなくなる
・表情が乏しい
・声がけへの反応が鈍くなる
・もの忘れも次第に強くなる

3)尿失禁 トイレが近い・間に合わない
・尿意を我慢できる時間が短くなる
・頻尿
・失禁

正常圧水頭症の病気で大切なことは、
これらの症状は標準的な手術で治る可能性が高いことです。

このことから、治りうる認知症の代表格ともいわれています。

とはいえ、何事にも適した時期というものがあり、
正常圧水頭症も例外ではなく、手術に適した時期があります。

時間がしばらく経ってしまうと、手術を受けても
脳が元に戻らず、症状の改善が期待できない場合があります。

正常圧水頭症からくる認知症を治す上では、
早期発見・早期治療がポイントになります。

特に認知症が進んでいるわけでもないのに、
急に失禁するようになったら注意が必要になります。
 
元気人ロゴバナー



関連記事

  1. 今日からできる認知症予防:体重編 ①②
  2. 食事療法・ 美味しい食事制限をお弁当で!
  3. 薄毛・抜け毛について考えてみる!  予防美容サロンハーツⅲ
  4. 自然乾燥派?それともドライヤー派?    予防美容サロンハーツ …
  5. 調味料重量換算表 メニュー
  6. 小山整骨院
  7. 座り姿勢の中でヨガならではの「骨盤の安定」についてお話したいと思…
  8. 協力費がもらえる治験ボランティア募集 株式会社パシフィックグロー…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP