おとなの脳トレ

認知症予防につながる趣味活動   元気人

内閣府では、高齢化の傾向や高齢化対策の状況などをまとめた
『高齢社会白書』を平成8年から毎年発行しています。

その最新版である『平成28年版高齢社会白書』の中では、
高齢者の生涯学習について、その状況がまとめられています。

60歳以上の高齢者の約45%が何かしらの生涯学習に参加しており、
その中で最も参加が多い内容は「趣味的な活動」で、25%近くでした。

高齢者向けのカルチャースクールが活況を呈しているように、
趣味的な活動に関心を示す高齢者は多いようです。

認知症予防は、いかにして当の本人が

自発的に取り組んでもらうかが課題です。としますと、高齢者が自発的に活動している趣味的な活動が
そのまま認知症予防につながるようなら、これほど美味しい話はありません。実はこうした美味しい話は存在するのです。

趣味的な活動の一部については調査研究が行われており、
認知症予防につながることがわかりました。米国の75歳以上の高齢者469人を対象に、
趣味活動が認知症の発症リスクに及ぼす影響を
調べた研究があります。研究の対象になったそれぞれの趣味活動について、
ほとんど活動しない人と比べた場合、認知症の発症リスクが

チェスなどのゲーム:0.26倍
文章を読む:0.65倍
クロスワード:0.59倍
楽器演奏:0.31倍
ダンス:0.24倍

であることが示されました。

米国の研究ですので、ゲームではチェスが登場していますが、
日本では囲碁や将棋に置き換えることができるかと思います。

何かの趣味活動に取り組まれている人でしたら、
そのまま続けられると認知症予防につながることになります。

特別の事情がないかぎり、親の趣味活動については、
やめさせないで継続を促すようにするとよいでしょう。

ときどき聞く事例では、外出が危ないからと
子どもが親の趣味活動をやめさせたら、

しばらくして認知症を発症したというのがあります。

また、仕事ばかりでこれまで無趣味のお父さんでしたら、
「ダンス」をはじめられるといいかも知れません。

有酸素運動による生活習慣病の予防効果も期待できます。

しかし、このようなお父さんはいらっしゃいませんか?

「わしの若い頃はブイブイ言わせたけんど、
今さらもう踊れんたい」

どうぞご安心ください!

ギネスにも登録されている世界最高齢のHipHopグループ
「ヒップ・オペレーション・クルー」が現役で活躍しています!

メンバーの平均年齢は83歳とのこと。

The Hip Op-eration – Stage Challenge video | ASB
https://youtu.be/IvXxzI50cZg (YouTube)

是非ともこの動画をご覧になり、
ブイブイ言わせていた若い頃を思い出して、
今夜は加齢にもとい、華麗に踊ってくださいませ。

————————–
【文献】
Joe Verghese, et al.
“Leisure Activities and the Risk of Dementia in the Elderly”
N Engl J Med ; 348:2508-2516 (2003)



this is default footer data

関連記事

  1. えのちゃん先生講座報告! 市民の健康講座
  2. ICTの利活用で高齢者の認知症予防を実現する動きがスタートしてい…
  3. 東(azuma)律子先生 新講座のお知らせ  大人気のエクラリボ…
  4. おとなコミュニケーションサロン第一回 北九州ロイヤルホテル脳トレ…
  5. 今日の脳トレ!!  間違えやすい漢字クイズ!読み間違え・書き間違…
  6. 今日の脳トレ!!  野菜の旬を時期をご存知ですか?  
  7. カルチャーセンター―小倉北区
  8. カルチャーセンター―若松区

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP