おとなの美味しい情報

関東で「たらこ」と「明太子」と言われたら何をイメージするでしょうか?

関東で「たらこ」と「明太子」と言われたら何をイメージするでしょうか?

たらこ→塩漬け加工のピンクで辛くない明太子
明太子→唐辛子で漬け込んだ赤くて辛い明太子

では?

 

本場は博多九州では・・・

たらこ=明太子

そもそも「たらこ」とは「スケトウダラ」の卵を意味します。一方明太子の「明太」は中国での「スケトウダラ」の意味。つまり明太子は「スケトウダラ」の卵でたらこと同じ意味なんですね!

もともと辛子明太子は九州から始まったものなので、地元福岡の人たちは「たらこ」という言葉を使わず「明太子」と呼びます。

そしてその明太子を唐辛子と特製のつけダレで漬け込んだものが「辛子明太子」になります。

 

 

地方によっての違い…面白いですね!

オーダーメイドの明太子も注目ですよね!






関連記事

  1. 甘すぎない優しい甘さで、栗の味が濃厚!敬老の日の和菓子ギフトとし…
  2. 今日は11月29日『いいにくの日』
  3. これで完璧 年代別お歳暮のすすめ
  4. JR城野駅近くのおでん屋「でんでん」のラーメンサラダ550円(ラ…
  5. ホテルルートイン門司港の隣にある喫茶店『ダ・マーレ』に行きました…
  6. 全国のケーブルテレビ局と連携して 厳選した商品をお届け

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP