グルメ&お取り寄せ情報

関東で「たらこ」と「明太子」と言われたら何をイメージするでしょうか?

関東で「たらこ」と「明太子」と言われたら何をイメージするでしょうか?

たらこ→塩漬け加工のピンクで辛くない明太子
明太子→唐辛子で漬け込んだ赤くて辛い明太子

では?

 

本場は博多九州では・・・

たらこ=明太子

そもそも「たらこ」とは「スケトウダラ」の卵を意味します。一方明太子の「明太」は中国での「スケトウダラ」の意味。つまり明太子は「スケトウダラ」の卵でたらこと同じ意味なんですね!

もともと辛子明太子は九州から始まったものなので、地元福岡の人たちは「たらこ」という言葉を使わず「明太子」と呼びます。

そしてその明太子を唐辛子と特製のつけダレで漬け込んだものが「辛子明太子」になります。

 

 

地方によっての違い…面白いですね!

オーダーメイドの明太子も注目ですよね!








関連記事

  1. 老舗のやきとり屋さん「よっちゃん」は野球好きが集まるお店! 黒崎…
  2. おせち料理
  3. 七夕の日に喜多屋ナイトのイベントが開催されます、開始30分で完売…
  4. 全国のスシローで感謝・還元のフェア「うまさ上々祭」を開催中! 4…
  5. 小倉旦過市場の「大學丼」
  6. ケーキをとおして幸せを創り幸せをはこぶケーキのお店  小倉南のケ…
  7. 「おとなナビ」事務所近く福岡県北九州市八幡西区にある餃子屋さん友…
  8. 厳選された素材と料理人の匠の技  新春の幕明けを華やかに彩るホテ…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
  2. 造り酒屋イメージ
PAGE TOP