おとなNEWS

2025年には介護職員が30万人不足。 介護という仕事を通して、働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描く映画『ケアニン~あなたでよかった~』が6/17公開

介護という仕事を通して、働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描く映画『ケアニン~あなたでよかった~』がこの夏公開になります。

この作品は、2025年には30万人も不足するといわれている介護職員(厚労省調べ)の実態を描くために、30ケ所もの介護福祉施設や専門学校、関連団体を綿密に取材し、シナリオを一つずつ積み上げて完成した作品です。

 

介護、看護、医療、リハビリなど、人の「ケア」に関わり、
自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている全ての人。
「人のために仕事がしたい」「じいちゃん ばあちゃんが好きだから」
そんな理由で介護の仕事を志す若者を、
私たちは「介護ってすてきだぞ」って迎えることができているだろうか?
大森圭が誇りをもって働ける現場をつくろう!
株式会社あおいけあ 代表取締役 加藤忠相

ストーリー

大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。
高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、
漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。
卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模多機能施設。
認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、
悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることになったのは、
認知症を発症した星川敬子79歳。
試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、
少しずつ敬子との関係性を深めていく。
「なんとなく」で始めた介護の仕事に、
いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが…。

 

いろいろと考えるところが多い映画のようです。

 



this is default footer data

関連記事

  1. 鹿児島市の城山展望台でダイヤモンド桜島 2016/3/11
  2. 北九州愛にあふれる周年記念プロモーション!大英産業創業50周年の…
  3. JR九州旅行熊本支店からのお知らせです 【春のくまもとお城まつり…
  4. 極小サイズの新聞「Silenced Newspaper」発行 …
  5. 植物園ー北九州市
  6. 秋のJAZZナイト  小倉城庭園書院棟

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

PAGE TOP