おとな旅とおでかけ情報

小さき声のカノンが北九州市立男女共同参画センタームーブ ホール で上映されます! 7・29

今 私たちは謙虚に 命に向き合わなければならない時代に 生きています。

7月29日(土曜日)にこの映画の自主上映会がございます。

観て、監督講演会に参加して 前売り¥1000です。
7/29 土曜日 まずは ご家族で出かけてみませんか?

 

お問い合わせ をお願いいたします。

服部
093-701-8996
egokaraeco●gmail.com

※●を@に変えてください

 

北九州市立男女共同参画センタームーブ ホール 福岡・北九州

上映作品 小さき声のカノン
日時 2017年7月29日(土)
場所 北九州市立小倉北区大手町11-4(地図
上映 自主上映
詳細 「小さき声のカノン」上映会 in 北九州

【プログラム】
①10:30
ちびっこ大歓迎上映
②13:00
15:15~鎌仲監督トーク
16:00~中村隆市氏トーク
16:15~17:00鎌仲監督×中村氏対談
③18:00

【問合せ】
服部
093-701-8996
egokaraeco●gmail.com

※●を@に変えてください

【主催】
ナマケモノ倶楽部九州支部

 

東京電力福島原発事故から4年。事故による影響は安全である・危険であるといった議論からこぼれ落ちる声が存在している。
それは不安な気持ちを抱えたお母さんたちの声だ。
かつてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシでは、子どもたちに何が起きたのか。お母さんたちはどうやって子どもを守ろうとしたのか?
福島とチェルノブイリとの時間差は25年、今なおその影響が続いていることは、実は知られていない。日本のお母さんたちと同様、不安を抱いたお母さんたちが大きな声に流されることなく、直感にしたがって子どもたちを守る道を探し続けている。
事故の衝撃に立ちすくみ、ただ困惑している時期は過ぎた。
希望を具体的につくり出す新しいステージに今、私たちは立っている。迷いながらも日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始めた。そんなお母さんたちの小さな声が、国境を越えて響き始める。

映画HPより引用

監督:鎌仲ひとみ
プロデューサー:小泉修吉
音楽:Shing02
撮影:岩田まきこ
録音:河崎宏一
編集:青木亮
助監督:宮島裕
編集スタジオ:MJ
録音スタジオ:アクエリアム、東京テレビセンター
製作・配給:ぶんぶんフィルムズ
2015/カラー/デジタル/119分

 

http://kamanaka.com/canon/



this is default footer data

関連記事

  1. お出かけ情報   お孫さんと一緒でも楽しめるおおとう桜街道  
  2. 公開日が2016年12月10日に決定 海賊と呼ばれた男
  3. 3月に「八幡誕生祭」を開催します♪ 八幡西区役所    
  4. 杖立温泉 鯉のぼり祭り 4月~GW
  5. 北九州市の到津の森公園では夜の動物園「ITOZU YORU ZO…
  6. ジル•ローラン監督 映画「残されし大地」北九州(九州初上陸)でこ…
  7. そろそろ「ほたる」の季節ですね  ほたるマップ北九州
  8. 郷土の歴史を知ろう! 郷土史家 菊池 満 先生

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP