お金の情報

お金に関する質問です! 相続税が上がると聞きましたが、どのくらい上がってしまうのでしょうか?

A回答:こんにちは。FP姉川が回答いたします。

〜ご質問の通り、相続税法が最近改正されまして(正確にはH27年1月から)、2年が経過致しました。

その際の改正の主な項目に、”相続税の基礎控除”が挙げられます。

以前までは、「5000万円+1000万円×法定相続人」の額を課税対象額から控除(引く)できていたのですが、
今回からは、「3000万円+ 600万円×法定相続人」の額しか控除できなくなりました。

つまり、
この改正により、相続税の負担が重くなるとともに、相続税を負担しなければならない人の数が大幅に増えると予測されています。

少しわかりにくいかもしれませんので、このあたりを数字で表したいと思います。

例えば・・・

「田中さん」という人の具体例で、
財産がすべて合わせて7500万円で、相続人は息子さん3人だとします。
もしこの状況で田中さんが亡くなったと仮定すると(改正前のH26年12月)、

相続税の基礎控除の計算は、「5000万円+1000万円×3人=8000万円」になりますので、財産の7500万円を下回ってますので相続税はかかりません。

しかし、
田中さんがもしH27年1月以降に亡くなった場合は、「3000万円+600万円×3人=4800万円」で相続財産の7500万円から基礎控除額の4800万円を差し引くと、
2700万円が残り、これが相続税の課税遺産総額となります。

相続人が3人なのでこれを割ると、一人当たり900万円となります。
相続対象が1000万円以下の場合は10%税率ですので、90万円。

90万円×3人で、270万円となります。

相続税の支払いは「270万円」。

同じ相続税の計算でも、改正前だったら「0」。改正後になると「270万円」の相続税がかけられるわけですね!

〜以上で質問に対する回答にはなるかと思いますが、
しかし問題あるところに解決策ありです!

私たちFPのアドバイスでこの270万円の相続税の支払いを、「120万円」に圧縮し、”150万円得する話”ができるのが私たちです。

その方法は次回掲載したいと思います。

 

FP姉川英邦

ファイナンシャルプランナー 姉川英邦

姉川

姉川英邦 記事一覧

記事一覧

 



this is default footer data

関連記事

  1. お金と保険のプロに聞く  猶塚 智明さん
  2. 受け取った保険の満期金に税金はかかるのか?  ファイナンシャルプ…
  3. お金と保険のプロに聞く   中村 一直さん
  4. 保険のプロのおはなし <缶ジュース一本の値段で最先端のがん治療が…
  5. 保険のプロのおはなし <保険ってほんとに必要ですか?>   姉川…
  6. 保険のプロのおはなし 「相続税が払えない!」…… そんな事態にな…
  7. 保険のプロのおはなし <医療について ~医療保険編~> 堀川 真…
  8. プロが教える保険のお話し  <医療保険の落とし穴/第4弾> 猶塚…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP