いいっちゃclub北九州

もし、自分や家族が認知症になったら(通称:もしにん)

認知症は、
——————————————————
成人になってから、後天的な脳の障害によって
認知機能が持続的に低下し、これまでできていたことが
できなくなり、日常生活や社会生活に支障をきたした状態
——————————————————
と定義されています。
この定義に従いますと、
認知機能が低下したとしても、
日常生活や社会生活に支障をきたしていなければ、
その人は認知症とはいえないかも知れません。
実際に認知機能が低下したにもかかわらず、
日常生活や社会生活にさほど支障をきたすことなく
元気なときと同じように暮らしている方がいらっしゃいます。
これを実現するには、
将来起こりうるかも知れない
自分や家族の認知症発症に備えて、
事前に準備をしておくことが大切になります。
とはいえ、
「将来に起こりうる認知症の発症に備えてね」
・・といわれても、一度体験して、
自分なりにイメージができなければ、
人はなかなか行動しないものです。
ちょうど、虫歯になったことがない子どもに対して、
「虫歯にならないように、きちんと歯を磨こう」と
さとすようなものです。
虫歯になったことがない子どもにとっては、
虫歯といわれても、どこか他人事のところがあります。
しかし、はじめて虫歯になって、
歯の痛みや治療のわずらわしさを体験して、
いわば、虫歯が自分事になったときに、
きちんと歯を磨くことの大切さを理解します。
虫歯は適切な治療で治りますので、
一度虫歯になってからでも、
虫歯予防の行動を開始しても遅くはありません。
ですが、認知症の場合、一部の原因疾患を除き、
一度発症すると元に戻ることはありません。
認知症になる前にもかかわらず、
認知症発症後のことをイメージして
事前準備を進めておく必要があります。
そして、繰り返しになりますが、
人は一度体験して、そのときの状況をイメージできなければ、
なかなか行動しないものです。
先日都内で、働く30代〜40代の女性を対象に
認知症になった自分を模擬体験できるイベントが開催されました。
自分が認知症になったら 将来の備え考える(NHK WEB NEWS)
模擬体験に参加したことで、
認知症を「自分事」として考えるきっかけとなり、
将来に備えての必要な準備が見えてきたようです。
 
 
また、認知症を発症した高齢者が感じている気持ちも
想像することができました。認知症予防ではコミュニケーションが大切ですが、
そのコミュニケーションは、相手の立場に立って考える
ところからスタートします。今後はこうした高齢者や認知症発症者の感覚を
模擬体験できるイベントが増えていくことでしょう。また、バーチャルリアリティ(VR)技術の革新も
その流れを後押ししています。
こうした模擬体験やVRを通して、
文字通り相手の立場に立って考える機会が増えれば、
コミュニケーションが円滑になっていくことでしょう。
コミュニケーションが円滑になれば、
多くの人の認知症予防が達成でき、
かつQOL(人生の質)も高まっていくことになります。
 
高齢者や認知症発症者の感覚を模擬体験できる機会があれば、
参加してみて、一度体験してみるといいでしょう。
 



関連記事

  1. 秋だから行ってみたい!! 柳坂ハゼ祭りをご存知でしょうか? …
  2.  平成28年度 ひびきの祭応援企画 ひびきのキッズダンスコンテス…
  3. 春の『厚切り牛タンフェア🌸』始まります! ラン…
  4. 病院・整骨院検索  北九州市
  5. 【おとなニュース!】日本人の平均貯蓄額は?
  6. 特集  北九州市の夏祭り・花火・2016   始まります!北九州…
  7. 「身体の声を聴く ②」 健康増進についてNAVIする【vol.3…
  8. おでかけは、ぜひ!ハウステンボスへ 「バラ祭り2016」開催中!…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP