介護情報 

私たちが認知症予防サービスをはじめた理由   吉田寿美(よしだ ひさみ)

ある日のこと。

スタッフの顔色がすぐれないのを見て、「どうしたの?」と声をかけると、
なんと、元気だったお母様が突然、認知症になってしまったとのこと。

ショックを隠せないそのスタッフを励ましてみたものの、
的を得た言葉をかけてあげることもできず、
認知症について全く無知な自分にはじめて気がついたのでした。

その後、認知症は老人だけがかかるものではなく、
若年性も存在することを知り、愕然としました。

この問題は、私も含め、すべての人間に関わることです。

認知症になったご本人はもちろん、それを支えるご家族、
皆がそれぞれのご苦労は、心中察するに余りあるものがあります。

なんとか、思い悩むスタッフの力になりたい。

最初はそれだけの思いで、関連書籍を読みあさったり、
病院でお医者さんの話を直接聞いたり、認知症予防の研修に参加するうちに、私の心に火がつきました。

認知症を予防する方法は確かに存在する。

そして、それは世界中へ広めなければならない。

それは、知識や方法を伝えるだけではなく、
心に優しく寄り添う、ひとつのサービスとして展開できる可能性がある。

私はこれまで15年の間、パソコン教室の経営、
そして教材制作に関わってきました。

パソコン教室で、認知症予防の講座ができないものか?

それから3年にわたる開発がはじまりました。

開発とはいえ、試行錯誤だらけ。制作は遅々として進みません。

私たちが本当に幸運だったのは、東京大学の矢冨先生との出会いがあったことです。

矢冨先生は認知症の権威であり、
プログラムの監修という多大なるご協力をいただくことができました。

そして完成したのが、パソコン教室における認知症予防を目的とした講座、ICT×認知症予防「脳×元気®」プログラム です。

このプログラムの特長は、
脳が活性化する「旅行」と絡めることで、楽しみながら、認知症を予防できること。

さらにパソコン教室の経営者にとっては、新しい付加価値を生み出すことができること。

人間皆、元気に長生きをしたい気持ちを持っています。

それは、愛する人に対しても同じはずです。

これからの世界に必要な認知症予防の事業を、
志を同じくする皆様と共に作り上げていきたいと願っています。

 

株式会社ウォンツ・ジャパン
代表取締役社長 吉田 寿美

日本最大のパソコン教材会社「ウォンツ」の創業メンバー。
2000年よりパソコン教室部門のチーフインストラクターを務め、
数百本の教材開発にも携わる。
2010年にグループ会社として「ウォンツ・ジャパン」を創業し、
社長に就任。
趣味は食べ歩きと家族旅行。
認知症予防ファシリテーター研修修了。

関連記事

  1. 指定介護療養型 医療施設  検索一覧 おとなナビ北九州
  2. アルツハイマー病に効果がある新薬 21年に富士フイルムが販売へ
  3. 介護予防 北九州 おとなナビ北九州
  4. 今日の脳トレ! 花の名前の難読漢字を読んでみよう!
  5. AIで脳の弱点克服!50代女性に人気の「脳にいいアプリ」は認知症…
  6. 整骨院ー若松区

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP