健康情報ナビ

納得できる医療、後悔しない医療を目指すオンライン病気事典「MEDLEY」

先日2017年3月3日に、都内のイベントホールにて
「ヘルスケア産業の最前線2017」が開催され、
いくつかの先進的な事例報告がなされました。

経済産業省:「ヘルスケア産業の最前線 2017」

その中で、
オンライン病気事典「MEDLEY」https://medley.life/
が紹介されていました。

株式会社メドレー社が
患者と家族、医療関係者の双方にとって
「納得できる医療」「後悔のない医療」を目指して、
取り組まれています。

「知らなかった」という
患者の後悔をなくすために提供されているのが、
オンライン病気事典「MEDLEY」。

500人を超える医師が共同編纂に携わり、
1500種類の病気、3万種類の医薬品などの情報を
カバーしています。

診療の際、医師が困っていることのひとつは
患者が「インターネットには○○と書いてありました」と、
インターネットの情報を選別することなく過信していること。

ある一部上場企業が提供していた
医療健康情報サイトの記事内容の信憑性が問題になり、
ニュースに大きく取り上げられたのは記憶に新しいところです。

インターネットで検索した際、検索結果の上位に
このサイトの記事が表示されていましたので、
多くの人が信憑性に疑問符がつく情報に触れていたことになります。

「インターネットに書いてあることと、先生の説明が違う」と
不安を抱く患者も出てきて、診療の妨げとなっているケースも
あったようです。

とはいえ、インターネット上の数ある医療情報の中から
本物とそうではない情報を見分けるのは、患者にはかなりの負担です。

それよりも、まずは安心できる情報源を
ひとつだけでも知っておくことの方が
患者は安心できますし、負担も軽くなります。

患者にとっては、
病気に詳しくなることが目的ではありません。

病気が治ることが、本来の目的です。

正しい知識を効率よく学ぶことができれば、
治療の意義もリスクもわかり、
病気の治療に専念することができます。

医師にとっても、
信頼がおける医療情報源があれば、
それを活用することで、
病気や治療の説明も効率化します。

となれば、
医師と患者間のコミュニケーションも
今まで以上にスムーズになることになります。

医師と患者間のスムーズなコミュニケーションは、
納得のできる医療、後悔のしない医療を
達成するためには、欠かせない要素です。

納得のできる医療、後悔のしない医療が
もっと身近になれば、日本が抱える社会問題である
医療介護費の適正化も実現していくことでしょう。

一般社団法人 元気人



this is default footer data

関連記事

  1. 薄毛・抜け毛について考えてみる!  予防美容サロンハーツⅲ
  2. 酵素生活 モニター募集
  3. 整骨院ー八幡西区
  4. 今、食べているアイス、安心安全ですか?  スマイル研究
  5. 新日本水素水から入浴剤が登場しました!
  6. 管理栄養士さんのみーる+ 活用術③    コアソリューションズ江…
  7. えのちゃん先生のご紹介!  榎本美江さんはスーパー主婦!!
  8. 生活習慣病アイキャッチ 今日からできる認知症予防:生活習慣病編|元気人

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP