ご両親への親孝行ナビ

敬老の日特集   花を通じたコミュニケーションは、お世話になった方や家族へ日頃の感謝を表現するだけではなく、男女間の良好な関係性を高めていく有効な手段であることなのです。花を通じたコミュニケーション、最適なフラワーボックスで気持ちも一緒にお届けいたします。 親孝行に関するアンケート調査

敬老の日のプレゼントの定番といえばお花。

普段なかなか花を送ることなんてない、という人であればなおさら特別なお祝い事という感じがしてきます。

そこで、今回はプレゼントにお花を贈りたいという方のために、敬老の日にはどのようなお花がふさわしいのか、そこに込められた意味も含めてご紹介します。

特におじいちゃん、おばあちゃんの花の好みもわからないので、何を送ったらいいか迷う…

 

そんな方は季節や花言葉から敬老の日にふさわしい花を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

敬老の日のプレゼントにふさわしくない花は?

もちろん、たくさんある花の中には、敬老の日のプレゼントとしてはあまり望ましくないものもあります。

その最たるものが「菊」です。

菊は9月が旬の花なのですが、やはり「お葬式」のイメージが強すぎるため、縁起が悪いとしてプレゼントにはふさわしくないでしょう。

 

 

敬老の日のプレゼントに人気の花は?

最近では色ごとにアレンジされた花を送るのも人気となっています。

温かみのあるイエロー・オレンジ系の花や、お祝いのシーンに多く見られるピンク・レッド系のフラワーアレンジメントが特に人気です。

また、花が長持ちするようにブリザードフラワーに加工したものを贈る方も増えています。

受け取る相手の好みの花を中心に、色を統一してアレンジされたものを贈るのもいいですね。

 

きっとおじいちゃん、おばあちゃんに合った一品が見つかるはずです。

 

 

いろんなフラワーボックスをご紹介させていただいております!

ぜひ↓↓urlをクリック!!

 限定販売
http://box-flower.com/images/cr_title.png

改めて親孝行についてかんがえさせられる結果です

娘の10人に1人が、親孝行は「難しいもの」と考えている?

まず、娘は親孝行をしたいのか、父は親孝行されたいのか、を調査しました。結果、実に76%もの娘が、親孝行をしたいと考えていることがわかりました。一方、父親に関しては、60%程度が「親孝行されたい」と回答。お世話になった父に孝行したいという娘の気持ちと、娘に何かしてもらうなんて、気恥ずかしい、という心理が見て取れる結果となりました。また、親孝行が「したいが、難しいと思う」と回答した娘が10%、「してもらいたいが、難しいと思う」と回答した父は6.4%と、差が見られました。何故、娘の方が「親孝行は難しいものだ」と考えている人が多いのでしょうか。

娘の3割近くが「大掛かりな親孝行をしなければ」と気負いすぎている

娘の方が「親孝行は難しいものだ」と感じている背景を調べるべく、「日常的な親孝行と大掛かりな親孝行」、どちらが喜ぶと思うか・嬉しいかを聞きました。結果、「親が喜びそうだと思うこと」と、「親が実際に嬉しいこと」で、顕著な差が見られました。まず「大掛かりな親孝行」のほうが喜ぶと考えている娘が3割弱いる一方で、大掛かりな親孝行を望んでいる父はわずかに8%という結果が出ました。また「日常的な親孝行」の内訳を見てみても、娘側は「どちらかというと日常的な親孝行」と回答している人が39.2%で最多だったのに対して、親側は「日常的な親孝行」と回答した人が44.8%で最多という結果に。これらの結果から、親は娘が思っている以上に日常的な親孝行を求めているにも関わらず、娘世代は必要以上に気負ってしまい、大掛かりな親孝行をしなければ、と考えているということが見て取れます。

娘・孫の顔が見たい親は65%!でも、それが親孝行になると思ってた?

より具体的に親孝行に対する認識の違いを探るべく、どういった親孝行をしたいか・どういった親孝行を受けたいか、を聞きました。ここでも、親子の間で「親孝行」に関する決定的な違いが見て取れる結果が出ました。まず娘側で最も票を集めたのは「美味しいものをごちそうしてあげたい」。一方で親側の最多は「会いに来て欲しい」。また、2番目はどちらも共通して「孫の顔を見せてあげたい・見せてほしい」でしたが、父側が32%だったのに対して、娘側は22%と10%もの開きがあるという結果に。また娘・孫の顔が見たいという親は合算すると65.6%だったのに対して、娘側は35.6%と、実に30%もの開きがありました。その分、娘側で多く票が入っていたのは「旅行に連れて行ってあげたい」「好きなものを買ってあげたい」など。娘はお金を使って大掛かりに喜ばせたいと考えているようですが、それよりもただただ、顔を見せてくれることが嬉しいと親は考えているようです。

「結婚20周年にプレゼントをもらった」「白髪を抜いてもらった」…最も印象に残っている親孝行

更に、実際に親に受けて嬉しかった親孝行を聞きました。結果、最多は「会いに来てもらった」で35.2%。何よりも娘の身を案じている親としては、とにかく健康で無事な姿を見せてくれることが、何よりも嬉しい親孝行だと考えているようです。合わせて、最も印象に残っている親孝行を、フリーアンサーで聞きました。

最も印象に残っている親孝行

・元気で生きていてくれる事
・孫が産まれたばかりの時に抱かせてもらった事
・今まで大病もなく元気に育ってくれたこと
・風邪をこじらせたとき、介抱してくれた
・生まれて来てくれたこと
・生存率10%の誕生時の病気を克服してくれたこと
・白血病で入院中に見舞いに来てくれた事
・子供の頃感謝の気持ちをよく手紙にしてくれた
・白髪を毛抜きで抜いてもらった事
・結婚20周年でプレゼントをもらった
・孫の顔を見た

特に多く見られたのが、「生まれてきてくれたこと」や「生きてくれていること」といった、日頃の生活に根ざした「親孝行」。もちろんプレゼントや旅行なども嬉しいようですが、何よりも、元気な姿を見せてくれることが印象に残っている父親が、多いようです。

「親孝行に関する調査」の概要

・調査対象:20~30代の女性250名、40~50代の娘がいる男性250名
・調査対象エリア:全国
・調査時期:2016年12月19日(月)~12月21日(木)
・調査手法:インターネット調査

情報ソース スポーツキュレーションサイト スポラボ



関連記事

  1. 障害年金とは、老齢年金、遺族年金と並ぶ公的年金の一つです
  2. セカンドライフサポート(終活、老前・生前整理) お片付けoff…
  3. 家事代行サービスを考える おとなナビ北九州
  4. OVER60 Street Snap 60歳以上の女性のスタイル…
  5. 更年期障害に冬虫夏草
  6. 高濃度水素水生成器をご紹介!
  7. ふるさと納税で親孝行ができるサービス 親孝行代行サービス(90分…
  8. こんなケーキプレゼントされたら幸せ(笑)  トロワ・クール…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP