おとな旅とおでかけ情報

沖縄・宮古島諸島に残るウタ。唄い継ぐ人々の深淵なるドキュメント。過去に2回観ましたが、いい映画なので、また観たいと思います。・というメッセージもいただきました!★東田シネマ vol.34/北方シネマ 006 9月22日(金)23日(土)24日(日)/10月6日(金)

ドキュメンタリー映画の<東田シネマ>です。

❖今月は、沖縄・宮古島諸島を舞台にした作品です。

鳴り止まない拍手と歓声。
2011年スイス・ロカルノ世界映画祭ドキュメンタリー部門特別賞
『スケッチ・オブ・ミャーク』

ミャークとは宮古島のこと。
ここには、沖縄民謡とは違う知られざるウタがある。
神歌と古謡。

あの、ブエナ ビスタ・ソシアル クラブのライ・クーダーに「…このイカしたファンクを聞けば判る。ミャークはきっと最高のところだろう」と言わしめた沖縄・宮古島諸島に残るウタ。唄い継ぐ人々の深淵なるドキュメントを見つめます。

スケッチ・オブ・ミャークは過去に2回観ましたが、いい映画なので、また観たいと思います。・・・というメッセージもいただきました!

 

★東田シネマ vol.34/北方シネマ 006
9月22日(金)23日(土)24日(日)/10月6日(金)

沖縄・宮古島 ―――
老婆(おばあ)たちが神唄を歌う時、不思議な懐かしさがすべての人々の心を打つ。魂の在処、ミャーク(宮古島)への旅!

島での生活や神への信仰から派生した歌が、長きにわたり人々の間で歌い継がれてきた。生き証人である島の老人たちはその昔、厳しい生活と信仰と歌がひとつになった時期があったことを語る ―。

何世紀にもわたり口伝されてきたそれらの歌が失われつつある現状や、歌い継ぐ人々の暮らし、秘められた島の神事の様子などをとらえ、神や自然への畏敬の念や、生きることへの希望を見出していく宮古島諸島の真実。

『スケッチ・オブ・ミャーク』
(105分/2011/監督:大西功一/出演:久保田麻琴、ほか)
公式サイト http://sketchesofmyahk.com/
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=1nzsdb72fYw
特別予告編 https://www.youtube.com/watch?v=3eay6dvIK2w

【入場料】前売1000円(当日1200円/予約可)
その他当日料金 シニア・障害者1000円 大学・高校500円 中学生以下無料

オキナワ大好き!音楽大好き!旅大好き!の方たちもぜひ!
宮古 多良間、池間島、西原の古謡集など、宮古島諸島の珍しいCDも取り揃えて、皆様のご来場をお待ちしています。

 

 

関連記事

  1. 特別展「シティーハンターのすべて」は、7月29日(土)いよいよ開…
  2. おとな向上委員会 会員登録
  3. ミクニワールドスタジアム北九州のグランドオープン!! 本日は入場…
  4. 11月22日は”いい夫婦の日”今どきシニアのいい夫婦像。「配偶者…
  5. 【おとなニュース!】日本人の平均貯蓄額は?
  6. 「第8回 豊前海一粒かきのかき焼きまつり」

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP