おとなNEWS

認知症予防に向け「全国認知症予防ネットワーク」発足  元気人

2017年9月4日 (月)に、
東京・永田町の衆議院第一議員会館において、
「全国認知症予防ネットワーク設立総会」が開催されました。

総会内では、同日に発足した「全国認知症予防ネットワーク」の
設立趣旨や事業内容、参加団体・企業などが発表されました。

呼びかけ人は、衆議院議員の鈴木隼人氏で、
ボランティア団体「認知症予防の会」が事務局を務めます。

同会が目指すところは、認知症になる人を一人でも減らすこと、
また認知症の人の進行を少しでも遅らせることです。

認知症予防に取り組む16団体と2企業が参加し、
協力関係を築きながら、認知症予防の発展・普及のために
活動していきます。

今後の活動内容として、
認知症予防の質の向上のために勉強会や団体間交流が行われる他、
認知症予防を普及啓発するシンポジウムの開催などを行うとしています。

また、設立総会に続いて、「認知症予防サミット」も開催されました。

厚生労働省と経済産業省の担当者による基調講演の後には、
認知症予防をテーマにパネルディスカッションも行われました。

パネルディスカッションのモデレーターは、
認知症予防の会代表である衆議院議員の鈴木隼人氏。

パネリストとして

日本イーライリリー株式会社
研究開発本部担当 副社長 藤本利夫氏

東京都健康長寿医療センター
社会参加と地域保健研究チーム 鈴木宏幸先生

元気!ながさきの会
代表 伊藤登氏

の三人がそれぞれの専門や経験から話をされました。

その中では下記の内容が印象に残っています。

「認知症は症状であって、その症状をもたらしている原因がある。
認知症は本人の意思や性格に起因するものではなく、
また外見上は変わりがなくても、脳の病気によるものである。
周囲はこのことを理解して、ふさわしい対応が大切になってくる」

「アルツハイマー病の原因物質とされるアミロイドβがたまったとしても、
取り組み次第で、認知症の発症を遅延させた事例がある」

「認知症の正しい理解が全国的に普及するには、
政府やメディアの情報発信もさることながら、
正しい理解をもった人たちが身近な人に伝えていく、
そして、その輪が広がっていくが不可欠である」

認知症予防に携わる人材育成を事業とする
当法人においても、目的とするところは同じです。

一般社団法人元気人も
全国認知症予防ネットワークの設立趣旨に賛同し、
同会の参加団体・企業のひとつとして名を連ねております。

同会に参加される皆さまと協力しながら、
認知症ゼロ社会の実現に向けて取り組んでまいります。



this is default footer data

関連記事

  1. 介護保険制度改正コールセンター
  2. コーチズのオリジナル体操「ガンバルーン体操」山間部の特別養護老人…
  3. よもぎまんじゅうおかもと屋外観 絶品!よもぎまんじゅう
  4. 介護タクシーって?
  5. 介護予防 北九州 おとなナビ北九州
  6. 熊手銀天街で毎月開催して二年半。まわしよみ新聞やってます   笛…
  7. デイサービス_戸畑
  8. 認知症は予防できる? 「どうすれば認知症になりにくいか」というこ…

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP