介護情報 

(研修報告)指導者のための認知症予防運動プログラム研修

先日2017年9月23日(土祝)に都内にて、
「指導者のための認知症予防運動プログラム研修」
を開催しました。

研修の概要についてはこちらです。

研修当日の様子を報告しながら、
認知症予防を指導する際に心がけたいポイントを
お伝えしたいと思います。

「体を使う運動課題」と「頭をはたらかせる認知課題」の
2つを同時に行うエクササイズが、認知症の予防や発症遅延に
効果的であることがわかっています。

認知症予防の対象者が、このエクササイズを
楽しみながら習得できるようにまとめられたのが、
「認知症予防運動プログラム(コグニサイズ)」です。

参考映像:NHK認知症キャンペーン 認知症予防運動プログラム(1)
https://youtu.be/vC7e5uG-JWM

このプログラムは国立長寿医療研究センターが開発しました。

「手軽に楽しくできる認知症予防運動」として、
NHKをはじめとする多くのメディアから取り上げられ、
普及を目的とした書籍も出版されています。

今回の研修は、認知症予防の指導者を対象に、
開発元である国立長寿医療研究センターから
二人の講師をお招きして行われました。

研修内容は、認知症予防運動プログラムの
「理論」と「実践」をそれぞれに学ぶ二部構成でした。

理論部分は、数々のメディアにも登場実績がある
島田裕之先生に登壇いただきました。

運動課題と認知課題を同時に行うエクササイズが
認知症の予防や発症遅延に効果的であることを、
科学的根拠を踏まえながらお話されました。

認知症予防の現場では、
「何が」認知症予防に効果的であるかを伝えると同時に、
「なぜ」それが効果的であるのかという理由(メカニズム)も
語られる必要があります。

人は納得しなけば動かないし、
動いたとしても長続きはしないからです。

運動が認知症予防にいいことは多くの人は知っていますが、
なぜいいのかというその理由(メカニズム)までを
わかりやすく説明できる人はそうそういません。

島田先生はわかりやすい解説に定評があります。

研修ではそのわかりやすい解説の仕方を間近に見ることができ、
この視点で受講されていた方は学びも多かったと思います。

次に実践部分は、数多くの現場で
認知症予防運動プログラム(コグニサイズ)の指導経験がある
堤本広大先生が担当されました。

研修を受講された皆さんは、実際にプログラムの参加者となって、
身体を動かしながら、指導の仕方やその際のポイントを学びました。

認知症予防運動プログラムは、
運動課題+認知課題という組み合わせで構成されているため、
参加者の状態に応じて難易度を調整しやすいことが特徴です。

例えば、比較的年齢が若く元気な高齢者が参加者の場合、
たやすくできては認知症予防として効果はあまり期待できません。

運動負荷を強くしたり、難しい認知課題に切り替えたりすることで、
プログラムの難易度を上げることができます。

また、運動に限らず、認知症予防は継続が大切になってきますが、
同じことにずっと取り組んでいますと、飽きが来やすいものです。

途中で活動を止めないようにさせるしくみが必要になってきますが、
グループで行うと継続しやすいことが現場経験からわかっています。

そのため、認知症予防の現場では、
参加者同士がいい雰囲気のグループを作れるように
場全体を導いていくことも、指導者には求められるのです。

当日ご参加いただいた方からは次のようなお声をいただいております。

--------------------------------

認知症カフェやサロンで認知症予防体操を行いたいため参加しました。
地域で教室を行うときに使えるアイデアをいただきました。
楽しかったと笑っていただける教室にしたいと思います。

--------------------------------

認知症予防運動をより効果的に指導・実践していくために参加しました。
認知症を取り巻く現状や将来へ理解が深まりました。
頭と身体を使った運動の提供方法について楽しく学ぶことができました。

--------------------------------

施設で認知症予防プログラムを実施するために参加しました。
実際に指導するうえでのポイントを学ぶことができ、
理解を深めることができました。

--------------------------------

アミロイドβを増やさない、海馬を大きくする(維持する)ことの
重要性がよく理解できました。

--------------------------------

ご参加いただきました皆さまに改めて感謝申し上げます。

一般社団法人元気人は、地域の認知症発症を予防し、
誰もが笑顔で元気に暮らせる社会を実現したいと考えています。

そのためには認知症予防に携わる人材育成が不可欠と考えており、認知症予防のプロフェッショナルである「認知症予防活動支援士」という認定制度を設立しました。

認知症予防活動支援士の認定制度についてはこちらからご確認いただけます。

 

一般社団法人 元気人

様々な認知症予防事業に携わる人材を育成・支援する専門機関
「認知症予防活動支援士の認定制度」および
「専門講師を派遣しての出張講座」を展開しています。

一般社団法人 元気人とは



関連記事

  1. 介護サービスはどこでも同じじゃないんです! だから重要!!
  2. 訪問介護_八幡東
  3. 財務省の提案する「要介護1、2外し」が実際に行われれば今まで以上…
  4. 北九州市 公共施設一覧 
  5. 特別養護老人ホーム
  6. 意外と知られていない認知症のデメリットその1:病気にかかりやすく…
  7. 北九州市 寺院一覧  おとなナビ北九州
  8. 司法書士ー小倉南区

新着記事一覧

カテゴリー

おすすめ連載!

  1. 時間‐時計
PAGE TOP